全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

民謡やロック楽しむ 八重山大ぶがりのぅしライブ

八重山大ぶがりのぅしライブ初日のシングアウトで歌う全出演者ら=17日夜、赤坂グラフィティ

 【東京・赤坂】竹富町観光大使を務めるつちだきくおさんプレゼンツの「八重山大ぶがりのぅしライブ」が17、18日の2日間、東京・赤坂のライブハウス「赤坂グラフィティ」で開かれた。八重山ファンや石垣島出身者らで満員となり、民謡や島唄、ロック、ポップスなど、さまざまなジャンルの楽曲を思い思いに楽しんだ。イベントは毎年この時期に開催されている。

 16回目を迎えたライブには、初出演の饒平名久乃さんはじめ、鳩間島出身の加治工勇・敦さん親子、BLACK RAIN、池田真作さんのほか、東京在住で4年ぶり出演の古見健二さん、八重山古典民謡の歌い手・増田めぐみさん=神奈川県=ら2日間で11組が出演し、次々とステージを繰り広げた。

 プログラム中盤には、島の出演者で構成する「あかゆらの会」の余興や、じゃんけんゲームが行われ、石垣島産の賞品に一喜一憂した。

 親子で初出演した加治工勇さんは、「島のミュージシャンたちと東京で温かい雰囲気の中、音楽を楽しむことができて、とても良かった。長年続くイベントに息子と出演ができ感謝している」と話した。また、憧れのステージに立ててうれしかったと話す饒平名さんは、「緊張したが、会場内の雰囲気がとても良くて楽しく歌えた。来年もぜひ参加したい」と笑顔を見せた。

 主催者のつちださんは、来場者に感謝を述べたあと来年開催日の11月23、24日の再会を約束し、約3時間半のステージを閉じた。

関連記事

長野日報社

特急あずさ55周年でスタンプラリー 長野県上諏訪駅は独自の台紙3種類

 長野県諏訪地方と首都圏を結ぶJR中央線の特急「あずさ」号が今月12日に運行開始55周年を迎える。東日本旅客鉄道は1日から主要各駅でオリジナルスタンプのラリーやグッズ販売などのイベントを催す。JR...

荘内日報社

食堂への間借り出店スタート ギャラリー温泉「町湯」 多くの店とのつながり期..

 庄内町のギャラリー温泉「町湯」(齋藤千佳子支配人)で27日、施設内の食堂を貸し出す「間借り出店」を開始した。第1弾として「ハラダのカレー」が出店し、利用客らがスパイスの効いたオリジナルカレーを堪能し...

長野日報社

中ア山麓の酒造り紹介 オンラインで「美酒フェスタ」

 長野県の中央アルプス山麓で育まれた酒を味わう「第15回中央アルプス山麓美酒フェスタ」(実行委員会主催)が27日夜、オンライン形式で開かれた。地元酒造メーカー4社の代表が、各酒蔵の紹介や造り手によ...

荘内日報社

12年に1度「神主舞」奉納(出羽三山神社新嘗祭)丑歳御縁年農作物順調な収穫..

 出羽三山神社(宮野直生宮司)の新嘗(にいなめ)祭が23日、鶴岡市の羽黒山頂の合祭殿で行われた。  新嘗祭は、農作物が順調に収穫できたことを感謝する祭り。五穀豊(ほう)穣(じょう)を祈願する...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク