全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷

 豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、このうち約80本の木で夕焼け姫を栽培。近日中から月末まで、地元や長野の市場に約500㌔を出荷する。  県農業総合試験場で開発された独自の品種で、まとまった量の出荷は県内初。夕焼けのような赤色が購買意欲を高め、糖度が14度前後と甘く、生産者にも好評だ。清水さんは従来の品種「宮川早生」の生長した木の太い部分に枝をつなぐ高接(たかつ)ぎで栽培に成功。根元に敷く白いマルチカバーが水分吸収を抑制して酸味を抑え、反射する太陽光が光合成を促進する。宮川早生に比べて早い時期に出荷できる。  管内では6年前から試験栽培を経て、一昨年3月に導入。今年の出荷は清水さんだけだが、8件が栽培しており、来年以降の出荷を目指す。東海市や蒲郡市でも導入を検討中で、従来の品種からの切り替えを図る農家も出てきている。清水さんは「台風や長雨もあったけど、糖度が高くて甘いミカンになった」と話している。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク