全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷

 豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、このうち約80本の木で夕焼け姫を栽培。近日中から月末まで、地元や長野の市場に約500㌔を出荷する。  県農業総合試験場で開発された独自の品種で、まとまった量の出荷は県内初。夕焼けのような赤色が購買意欲を高め、糖度が14度前後と甘く、生産者にも好評だ。清水さんは従来の品種「宮川早生」の生長した木の太い部分に枝をつなぐ高接(たかつ)ぎで栽培に成功。根元に敷く白いマルチカバーが水分吸収を抑制して酸味を抑え、反射する太陽光が光合成を促進する。宮川早生に比べて早い時期に出荷できる。  管内では6年前から試験栽培を経て、一昨年3月に導入。今年の出荷は清水さんだけだが、8件が栽培しており、来年以降の出荷を目指す。東海市や蒲郡市でも導入を検討中で、従来の品種からの切り替えを図る農家も出てきている。清水さんは「台風や長雨もあったけど、糖度が高くて甘いミカンになった」と話している。

関連記事

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

長野日報社

参観日にパーティー 原小4年1組が角寒天作り

長野県原村の原小学校4年1組(牛山あゆみ教諭、32人)は今年度の総合的な学習で、角寒天作りに取り組んできた。18日には5回目となる「天出し」作業を行った。今後、天候や寒天の乾燥具合を見ながら1...

ロケットパン完成 満寿屋と大樹高が共同開発

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)と大樹高校(青木祐治校長、生徒139人)の生徒が共同開発した「大樹ロケットパン」(3種類)が18日午前、初披露された。パッケージデザインは町内の小・...

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク