全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

県独自の品種「夕焼け姫」

JAひまわりミカン初出荷

 豊川市のJAひまわり管内で21日、温州ミカンの新品種「夕焼け姫」の出荷に備えた作業が始まった。上長山町の同JAみかん部会・清水貢さん(74)は10種類の柑橘類を育てており、このうち約80本の木で夕焼け姫を栽培。近日中から月末まで、地元や長野の市場に約500㌔を出荷する。  県農業総合試験場で開発された独自の品種で、まとまった量の出荷は県内初。夕焼けのような赤色が購買意欲を高め、糖度が14度前後と甘く、生産者にも好評だ。清水さんは従来の品種「宮川早生」の生長した木の太い部分に枝をつなぐ高接(たかつ)ぎで栽培に成功。根元に敷く白いマルチカバーが水分吸収を抑制して酸味を抑え、反射する太陽光が光合成を促進する。宮川早生に比べて早い時期に出荷できる。  管内では6年前から試験栽培を経て、一昨年3月に導入。今年の出荷は清水さんだけだが、8件が栽培しており、来年以降の出荷を目指す。東海市や蒲郡市でも導入を検討中で、従来の品種からの切り替えを図る農家も出てきている。清水さんは「台風や長雨もあったけど、糖度が高くて甘いミカンになった」と話している。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

スマホQRスタンプラリー開始

 渥美商工会は観光客に地元の飲食店を利用してもらおうと、スマートフォンを使ったポイントラリー「めぐる~めQRスタンプラリー」を年末まで開催している。QRコードで登録して来店ポイントをためると...

本醸造28日発売 帯広畜大・碧雲蔵「初仕込み」第2弾

 帯広畜産大学の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された十勝限定販売の日本酒の第2弾「初仕込み 本醸造」が28日、管内の小売店やスーパーなどで発売される。  碧雲蔵は上川大雪酒造(上川管...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク