全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新千歳空弁に新登場 池田のエゾシカ肉使用

空弁に新登場した「もみじ弁当」をPRする三坂社長

 新千歳空港で販売されている空弁(そらべん)に今月上旬から、池田町のエゾシカ肉と加工品の専門店「エゾの杜(もり)」(三坂一茂社長)のエゾシカ肉を使った「もみじ弁当」(980円)が新登場し人気を集めている。

 「もみじ弁当」は、空弁の製造販売などを手掛ける札幌バルナバフーズ(石田茂社長)が製造し、新千歳空港内の「お弁当処 美食千歳(びしょくせんさい)」で今月上旬から試験販売を始めた。

 エゾシカのスネ肉の塩だれベースのローストと、しょうゆ味のフレークをメインに仕上げた。道産米の「ななつぼし」にワサビ菜のしゅうゆ漬けを敷き詰めているほか、エゾシカ肉と相性がいい山わさびを添えるなどの工夫もされている。

 また、エゾシカ肉を提供する「エゾの杜」が道のエゾシカ肉処理施設に認証されていることから、弁当のふたには安心・安全の証しとして認証マークのシールが貼ってある。

 札幌バルナバフーズによると、現在は1日4~5食の限定販売だが、「北海道らしい弁当で人気があり、いつも完売の状態」。「エゾの杜」の三坂社長は「エゾシカ肉全体の消費拡大につながれば」と期待を寄せている。

関連記事

長野日報社

駒ケ根のイチゴ「紅ほっぺ」 台湾へ初出荷

長野県駒ケ根市の農事組合法人北の原は、北の原地区で栽培したイチゴを台湾の台中市で販売する。駒ケ根市では初となるイチゴの輸出。14日には初荷の20ケースが空輸のために関西国際空港へ送られた。2日...

長野日報社

新成人が酒造りに挑戦 辰野の小野酒造店

長野県辰野町小野の小野酒造店で、新成人による酒造りプロジェクト「oresake(オレサケ)」が進められている。町内出身または在勤の男女5人が参加し、地元産の酒米を使った仕込みからラベル制作まで...

長野日報社

涅槃会前に「やしょうま」作り 諏訪市の地蔵寺

釈迦の命日とされる15日の涅槃会を前に、長野県諏訪市岡村の地蔵寺の婦人会(芦沢フサ会長)は12日、米粉で作る郷土菓子「やしょうま」を同寺で作った。涅槃会の供物として北信地方を中心に県内で親しま...

長野日報社

桑の葉パウダー発売 若葉を粉末にし利用容易に

長野県駒ケ根市の竜東農村公園振興協議会は、クワの若葉を乾燥、粉末にした「信州駒ケ根産まるごと桑の葉パウダー」を開発し、市内3カ所で販売を始めた。食用としてのクワの利用を促進する協議会初の商品化。血...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク