全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国が6次産業化支援 イチゴ菓子の音更「ブルーム」

認定を受けたブルームの齋藤社長(左)と青木地方参事官

 イチゴ大福などを販売する「ブルーム」(音更、齋藤伸二社長)の、新たな商品パッケージ開発による販路開拓の取り組みが、農林水産省の6次産業化支援事業の認定を受けた。新千歳空港に開設した直営店の運営に助成金制度などを活用する。

 同社は通年栽培したイチゴを「銀龍苺」のブランドで販売している。イチゴと大福やタルトを別個に包装した「あとのせ苺大福」「あとのせ苺タルト」を開発し、昨年オープンした東京のアンテナショップや、15日に開設した新千歳空港の直営店で扱っている。

 このほど土産や贈答品としての販売拡大を狙って、持ち運びしやすいパッケージを開発。緩衝材で商品を固定し、傷まないように工夫している。イチゴ用のケースはB5判の本を模した形状にした。立てた状態でも収納でき、かさばらないようにしている。

 新しいパッケージは新千歳空港ですでに使われている。イチゴは300グラム入りで2300円。大福とタルトは3個入りで1140円、1個入りで220円。

 農水省の認定は六次産業化・地産地消法に基づいて行われている。これまでに全国で2378件、北海道は146件が認定されている。十勝では26例目となった。認定により国の交付金制度や専門家のアドバイスなどの支援が受けられる。

 19日には農水省道農政事務所帯広地域拠点で認定証授与式が開かれ、青木正明地方参事官から齋藤社長に認定証が手渡された。齋藤社長は「農業を商業のレベルにする成功例をつくるのが、認定を受けたミッションだと思っている。身の引き締まる思い」と述べた。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク