全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

公益大 黒川能の舞 細部までデジタルデータ化

 鶴岡市の民俗芸能・黒川能(国指定重要無形民俗文化財)の舞の所作をデジタルデータ化して記録保存する東北公益文科大と黒川能保存会の試みが本年度から本格化し17日、同市の黒川能伝習館で行われたデータ収集作業が公開された。

 同大は2017年度「私立大学研究ブランディング事業」に採択され、庄内地方を基盤とした地域文化とIT技術を融合させた伝承環境を研究している。その一環で、玉本英夫特別招聘(しょうへい)研究員と玉本研究室の学生たちが黒川能をモーションキャプチャーでデータ収録し、CGアニメーションを制作する方法の開発に取り組んでいる。黒川春日神社下座が協力し、下座能太夫の上野由部座長が記録保存の舞を担い、今春にオリジナルCGアニメーションの試作を発表した。

 試験段階では、能舞のすり足がうまく映像化されていなかったが、今年3月に機材をバージョンアップ。時間的、技術的ロスが改善され、すり足も表現されたという。6月から本格的な記録保存作業が始まり、8月までに7演目を収めた。

 この日は下座「鶴亀」「大瓶猩々」の2演目の主要部分を記録。上野座長らが頭や体、手足に計17個のセンサーを付け、謡や囃子(はしや)に合わせて能舞台で舞い、データ収集した。

 上野座長は「360度どこからでも動きを確認でき、衣装を着けていない状態の映像は重要な足づかい、腰づかいなど細部が分かりやすい。記録保存はもちろん、技能向上にも役立てていきたい」と話した。玉本研究員は「地域の伝統芸能をバーチャル体験してもらえるようなことも研究していきたい。酒田甚句流しも記録させてもらった。バーチャルで盆踊り体験してもらうなど、若い人たちに興味を持ってもらうきっかけに結び付けば」と述べた。

全身にセンサーを付けて上野座長が「大瓶猩々」を舞い、モーションキャプチャーでデータ収録

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク