全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海上火災想定し訓練 石垣港災害対策協議会

約50人が参加して行ったオイルフェンス展張訓練=9日午後、浜崎マリーナ

 港湾関係団体で組織する石垣港災害対策協議会は9日、同港浜崎マリーナで海上防災訓練を行った。係留中の貨物船機関室から火災が発生し、消火活動を行っていた男性1人が行方不明になっているとの想定で実施。燃料油漏れに対応、40メートルのオイルフェンスを張る訓練も行った。

 15団体、約50人が参加し、県外で発生したスクラップ船の火災事故を教訓に、市消防も7年ぶりに加わった。  オイルフェンス展張訓練に参加した先島ガスの外間至さん(40)は「思ったよりも人手が必要だと感じた。事故が起きれば他にもやることが出てくる。これが半分の人数ならきついと思う」と感想。

 新城剛消防署長は講評で「船舶火災は消火活動にさまざま制限があり困難を極める。海保と消防が相互に連携した活動が重要。訓練では消火、救助ともにスムーズにできた」と述べた。  訓練を前に石垣海上保安部の通事一夫警備救難課長が「海上火災は発生すると被害が大きく、自然界に及ぼす影響も多大。関係機関の意思疎通、情報共有をしっかり行って、官民一体で安心安全な石垣港づくりを目指したい」とあいさつした。

関連記事

みかわでたべよう!ご当地グルメラリー

蒲郡、岡崎、西尾の3市で開催  蒲郡、岡崎、西尾の3市の商工会議所などは、各市のご当地グルメを食べて行う「みかわでたべよう!ご当地グルメラリー」を行っている。各市から13店舗ずつ参加し、エリ...

紀伊民報社

田辺市街地巡るクイズラリー

 田辺市街地を巡るクイズラリーが18日、闘雞神社(和歌山県田辺市東陽)を出発点にあった。約100人の子どもや保護者らが、クイズを楽しみながら歴史に触れた。  世界遺産闘雞神社創建千六百年記念事業...

荘内日報社

鶴岡「赤川花火大会」県内外から大勢の観客楽しむ

 第29回赤川花火大会が17日、鶴岡市の赤川河川敷で行われた。全国トップクラスの花火師たちによる約1万2000発の花火が打ち上げられた。今年も県内外から大勢の観客が訪れ、会場は満席となる盛況。カウントダウン...

音更・厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク