全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海上火災想定し訓練 石垣港災害対策協議会

約50人が参加して行ったオイルフェンス展張訓練=9日午後、浜崎マリーナ

 港湾関係団体で組織する石垣港災害対策協議会は9日、同港浜崎マリーナで海上防災訓練を行った。係留中の貨物船機関室から火災が発生し、消火活動を行っていた男性1人が行方不明になっているとの想定で実施。燃料油漏れに対応、40メートルのオイルフェンスを張る訓練も行った。

 15団体、約50人が参加し、県外で発生したスクラップ船の火災事故を教訓に、市消防も7年ぶりに加わった。  オイルフェンス展張訓練に参加した先島ガスの外間至さん(40)は「思ったよりも人手が必要だと感じた。事故が起きれば他にもやることが出てくる。これが半分の人数ならきついと思う」と感想。

 新城剛消防署長は講評で「船舶火災は消火活動にさまざま制限があり困難を極める。海保と消防が相互に連携した活動が重要。訓練では消火、救助ともにスムーズにできた」と述べた。  訓練を前に石垣海上保安部の通事一夫警備救難課長が「海上火災は発生すると被害が大きく、自然界に及ぼす影響も多大。関係機関の意思疎通、情報共有をしっかり行って、官民一体で安心安全な石垣港づくりを目指したい」とあいさつした。

関連記事

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

「ねじのロケット」7号機 今夏打ち上げ MOMO公開 大樹

 町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前11時から、町浜大樹の実験場で、今夏打ち上げ予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機を報道陣に初めて公開し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク