全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

夜の森で希少種と対面 親子でナイトツアー体験 鹿児島県徳之島

アマミノクロウサギが通るけもの道を観察するナイトツアーの参加者=17日、鹿児島県徳之島天城町当部

 環境省徳之島自然保護官事務所は17日、鹿児島県徳之島天城町当部の美名田林道で夜の森を歩く体験イベントを開いた。島内から親子連れなど16人が参加。徳之島に生息する希少な動植物の生態を学び、自然保護の重要性について理解を深めた。

 奄美群島国立公園自然ふれあい事業の一環で、気軽に徳之島の自然を体験、学習してもらおうと初めて企画。徳之島地区自然保護協議会の松村博光さんが案内役を務めた。

 林道歩行の注意点の説明を受けた後、参加者は午後7時ごろから散策。道中ではアマミノクロウサギが通過し、アオバトやアマミサソリモドキなどの生物が観察された。松村さんがそれぞれの生態を解説した。

 松村さんは林道沿いに繁殖している外来植物のギンネムとアメリカハマグルマも紹介し、駆除が追い付いていない現状を説明。林道に設置した自動撮影カメラに映った猫を捕獲するわなにも触れ「皆さんが飼っている猫は絶対に外に出さないでほしい」と訴えた。

 散策に参加した小学生の一人は「ケナガネズミなどが見られなかったのは残念だったけど、他の生き物が見られて楽しかった。また機会があったら参加したい」と話した。

 同事務所は次年度以降もナイトツアーを年1、2回行いたいとしている。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク