全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

青々とした芝の上で楽しむゴルファー(十勝カントリークラブ)

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴルフ場は、営業期間が延びると歓迎している。

 帯広の初雪の平年値は11月7日で、今年は1週間以上遅れている。昨年は10月23日で、最も遅かったのは1892年の11月24日。今年は初霜と初氷も遅く、それぞれ平年より9日、5日遅かった。ちなみに、帯広の積雪初日の平年値は11月21日。

 帯広の10月の平均気温は平年より1.1度高い11.1度だった。11月に入っても暖冬傾向が続き、4日には最高気温20.1度を記録。これは平年より8.7度高かった。最低気温は氷点下の日もあるが、10日は7.9度と平年より8.1度高かった。

 帯広測候所によると、10月中旬以降は高気圧に覆われる日が多く、偏西風の蛇行などの影響で南からの暖かい空気が入りやすく、寒気の影響を受けにくい状況が続いている。

 暖冬傾向を受け、気をもむのがスキー場だ。サホロリゾートスキー場(新得)は12月1日のオープンを目指し、今月19日ごろから人工降雪機を稼働させる予定。だが、稼働には夜から朝にかけて氷点下の冷え込みが必要で、「作業は気温次第」。リフトは点検を終え、いつでも動かせる状態で、斎藤和則支配人は「20年前は11月20日すぎにはゲレンデで滑れた。暖冬傾向は心配」と雪を切望する。

 19日にリフトを取り付ける予定の新嵐山スカイパーク・メムロスキー場(芽室)も、初雪の遅さを気に掛ける。相馬光明支配人は「12月15日のオープンを予定しているが、今のままでは心配。人工降雪機を稼働させる12月頭には冷え込んでほしい」と話す。

 ただ、今月13日に今季営業を終えたパークゴルフ(PG)場の11月利用は、気温が高いこともあり10%ほど増えた。「レストラン利用も多く、ありがたかった」(相馬支配人)と複雑な心境のよう。

 暖冬の恩恵が大きいのは、「雪が降ったら営業終了」(関係者)というゴルフ場。昨年は多くが11月17日に終了したが、今年は営業期間が延びそうだ。

 十勝カントリークラブ(音更)は今月に入っても土・日曜の予約が多く、天気が良い平日は当日予約も増えている。「最低気温が下がらず霜が降りないので、芝も良い状態」と小田和則キャディーマスター。帯広白樺カントリークラブ(同)も予約が好調で、雪が降っても解ければ営業再開できるため、気温にも注目している。

 農業関係者も暖冬を歓迎している。畑作農家は雪がないおかげで、畑起こしが順調に進んでいるからだ。秋に畑を起こすと春の作業が少なくなるほか、雪解け遅れで農作業に影響が出る心配が少なくなる。

 音更町の宮村透さん(41)は、14日で全ての畑起こしを終えた。「11月上旬に雪が降ると、作業が終わらないこともある。春に起こすと土がこなれない感じがあるので、順調に進むのはありがたい」とし、来年の豊作を願った。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク