全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

青々とした芝の上で楽しむゴルファー(十勝カントリークラブ)

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴルフ場は、営業期間が延びると歓迎している。

 帯広の初雪の平年値は11月7日で、今年は1週間以上遅れている。昨年は10月23日で、最も遅かったのは1892年の11月24日。今年は初霜と初氷も遅く、それぞれ平年より9日、5日遅かった。ちなみに、帯広の積雪初日の平年値は11月21日。

 帯広の10月の平均気温は平年より1.1度高い11.1度だった。11月に入っても暖冬傾向が続き、4日には最高気温20.1度を記録。これは平年より8.7度高かった。最低気温は氷点下の日もあるが、10日は7.9度と平年より8.1度高かった。

 帯広測候所によると、10月中旬以降は高気圧に覆われる日が多く、偏西風の蛇行などの影響で南からの暖かい空気が入りやすく、寒気の影響を受けにくい状況が続いている。

 暖冬傾向を受け、気をもむのがスキー場だ。サホロリゾートスキー場(新得)は12月1日のオープンを目指し、今月19日ごろから人工降雪機を稼働させる予定。だが、稼働には夜から朝にかけて氷点下の冷え込みが必要で、「作業は気温次第」。リフトは点検を終え、いつでも動かせる状態で、斎藤和則支配人は「20年前は11月20日すぎにはゲレンデで滑れた。暖冬傾向は心配」と雪を切望する。

 19日にリフトを取り付ける予定の新嵐山スカイパーク・メムロスキー場(芽室)も、初雪の遅さを気に掛ける。相馬光明支配人は「12月15日のオープンを予定しているが、今のままでは心配。人工降雪機を稼働させる12月頭には冷え込んでほしい」と話す。

 ただ、今月13日に今季営業を終えたパークゴルフ(PG)場の11月利用は、気温が高いこともあり10%ほど増えた。「レストラン利用も多く、ありがたかった」(相馬支配人)と複雑な心境のよう。

 暖冬の恩恵が大きいのは、「雪が降ったら営業終了」(関係者)というゴルフ場。昨年は多くが11月17日に終了したが、今年は営業期間が延びそうだ。

 十勝カントリークラブ(音更)は今月に入っても土・日曜の予約が多く、天気が良い平日は当日予約も増えている。「最低気温が下がらず霜が降りないので、芝も良い状態」と小田和則キャディーマスター。帯広白樺カントリークラブ(同)も予約が好調で、雪が降っても解ければ営業再開できるため、気温にも注目している。

 農業関係者も暖冬を歓迎している。畑作農家は雪がないおかげで、畑起こしが順調に進んでいるからだ。秋に畑を起こすと春の作業が少なくなるほか、雪解け遅れで農作業に影響が出る心配が少なくなる。

 音更町の宮村透さん(41)は、14日で全ての畑起こしを終えた。「11月上旬に雪が降ると、作業が終わらないこともある。春に起こすと土がこなれない感じがあるので、順調に進むのはありがたい」とし、来年の豊作を願った。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク