全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

拾い集めたごみを確認しながら種類ごとに分別する大学生ら=17日午前、野底下地海岸

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学習調査した。17日午前は野底下地海岸を清掃し、マイクロプラスチック汚染を調べた。

 県内の海岸環境の汚染状況や地域の環境政策などを学ぶ沖国大の山川彩子准教授ゼミが主体となり、沖縄本島とは汚染状況が異なる離島での調査を実施。問題に関心を持つ沖大生も参加した。

 海岸では、エコツアーふくみみの大堀健司代表の案内で、漂着ごみのペットボトルや漁具、島内から出た廃材などを片付けた後、海岸のマイクロプラスチックの量などを調べるため、採取した砂の中から抽出する作業を行った。大学で細かく分析する。

 学生らは本島では珍しい漂着ごみを目の当たりにし、海外のペットボトルのバーコードや、漁具などを写真で記録していた。

 沖国大3年の平良蘭さん(21)は「本島では島内から汚染が発生しているが、石垣では海外からの漂着ごみも目立った。市のごみ分別の種類や方法も細かく、地域の廃棄物処理についても知ることができた」と語り、沖大子ども文化学科3年の外間円汰さん(22)は「店頭レジのアルバイトをしているが、海外の客はレジ袋を使用しないのが当たり前。日本は遅れているのでないかと感じる」と話した。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク