全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

拾い集めたごみを確認しながら種類ごとに分別する大学生ら=17日午前、野底下地海岸

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学習調査した。17日午前は野底下地海岸を清掃し、マイクロプラスチック汚染を調べた。

 県内の海岸環境の汚染状況や地域の環境政策などを学ぶ沖国大の山川彩子准教授ゼミが主体となり、沖縄本島とは汚染状況が異なる離島での調査を実施。問題に関心を持つ沖大生も参加した。

 海岸では、エコツアーふくみみの大堀健司代表の案内で、漂着ごみのペットボトルや漁具、島内から出た廃材などを片付けた後、海岸のマイクロプラスチックの量などを調べるため、採取した砂の中から抽出する作業を行った。大学で細かく分析する。

 学生らは本島では珍しい漂着ごみを目の当たりにし、海外のペットボトルのバーコードや、漁具などを写真で記録していた。

 沖国大3年の平良蘭さん(21)は「本島では島内から汚染が発生しているが、石垣では海外からの漂着ごみも目立った。市のごみ分別の種類や方法も細かく、地域の廃棄物処理についても知ることができた」と語り、沖大子ども文化学科3年の外間円汰さん(22)は「店頭レジのアルバイトをしているが、海外の客はレジ袋を使用しないのが当たり前。日本は遅れているのでないかと感じる」と話した。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク