全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

上流部にアマゴ放流 将来は遊漁対象に

南部川上流部でアマゴを放流する漁協役員(16日、みなべ町清川で)

 和歌山県みなべ町の南部川漁協(永井誠組合長)は16日、将来的にはアマゴの遊漁ができるようにしようと、稚魚4千匹を南部川上流部に放流した。みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会の補助金を活用した事業。

 同漁協では、アユについては鑑札を販売して遊漁の対象としているが、アマゴは対象としていない。南部川は川幅が狭く、アユの友釣りができる場所も少ないため、新たにアマゴ釣りによる漁協の収益や子どもたちへの体験学習、川の美化を考え、放流することにした。  アマゴの放流は10年ほど前に少ししたが、以降はしていなかった。今年8月下旬には、上流部で地元高校生が体長10センチほどのアマゴを捕獲するなどしており、アマゴが生息できる川であることを確認している。  16日は朝、日高川漁協から購入した体長8~10センチほどの稚魚を、南部川漁協の役員らが車で運び、上流部の高城や清川地区で放流した。全長25~30センチくらいの成魚50匹も水槽施設で試験的に飼育する。  漁協は3年くらいは続けて放流できればと考えており、永井組合長は「順調に育ち、将来的には釣りができる環境にできることを期待したい。長い目で取り組みたい」と話した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

恐竜フェスタ にぎわう AR、VRで むかわ竜再現 記念撮影に長い列

むかわ町が恐竜を前面に出してまちをアピールするイベント「恐竜フェスタ」が4、5両日、同町道の駅「四季の館」をメイン会場に開かれた。AR(拡張現実)技術を使い、スマートフォンの画面で「カムイサウルス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク