全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小坂井高校でノーベル賞大村博士講演

 豊川市の県立小坂井高校(高畑尚弘校長)で15日、日本を代表する研究者らを講師に招く「ASUMIRU講演会」が開かれ、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智博士(83)が講演した。全校生徒や父母、教員ら989人が出席した。  大村氏は独創的な研究で、微生物が生産する500種近い天然有機化合物の発見に成功。このうち26種が医薬、動物薬、農薬、生化学研究用試薬として使われ、感染症の治療・撲滅、生命現象の解明などに貢献したとして、3年前にノーベル賞と文化勲章を受賞した。  「私が歩んできた道」と題して講演した大村氏は、スポーツに打ち込んだ少年期から振り返り、さまざまな恩師との出会いや感銘を受けた言葉を紹介。イベノメクチンとう抗寄生虫薬の開発により、犬のフィラリアをはじめ、アフリカや中南米で流行したオンコセルカ症などの感染症の治療・撲滅にもつなげた功績を紹介した。  取得した特許料を活用し、北里大学に病院を建設したのをはじめ、出身の山梨県韮崎市に美術館や温泉をオープンさせるなど、社会貢献にも積極的な大村氏。「一つ一つの出会いに感謝し、絶えず恩を忘れない。一期一会、健康管理、研究推進の3つに、趣味が入るのが私の心得。いろんな先生に出会い、人を多く育てることができた。やってきたことは間違っていなかったかな」と振り返った。

 講演後は、生徒を代表して服部茜さん(2年)が花束を贈呈。兵藤錦之助さん(同)は「これから苦しいことに直面した時、きょうの大村先生のお話を思い出して頑張りたい」と謝辞を述べた。  同校は生徒自らが「将来を見据えて今何をすべきか」を考える一助となるように、3年間に2回の割合で講演を実施。2016年に続いて、今回が2回目となった。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク