全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

市職員が考案の納税キャラ、ネットで話題【釧路】

おさむ(仮)のプロフィール(釧路市公式フェイスブックより)

 釧路市の納税課が生んだキャラクター「おさむ(仮)」が、「見た目の衝撃がすごい」とインターネット上を中心に話題を呼んでいる。インターネット交流サイト(SNS)内では「釧路に興味を持った」などと肯定的な意見がある一方で、「どうしてこうなった」「気持ち悪い」と批判的な意見も。賛否両論が巻き起こる中、市内の飲食店からはキャラクターを使いたいとの問い合わせがあり、今後さらにおさむ(仮)の注目度が増しそうだ。

 おさむ(仮)は胴体がサンマで、右手にタンチョウヅル、左手にマリモを持ち、胴体から生えた2本の足は夕日のオレンジ色で染まっている。今月8日には市の公式フェイスブック上でおさむ(仮)のプロフィールが公表された。

 中身は釧路市の繁栄を願う青年という設定。名前は「税を納める」の“納”から取っており、(仮)については具体的な活動内容が決まっていないため、付けているという。プロフィールには、おさむ(仮)の頭文字を取って「Original Support Advice Man」と書き添えられている。

 キャラクターのデザインは同課の職員が担当。年度途中で予算が付かないことから外部に委託せず「市民に納税の大切さを呼び掛け、身近な情報を分かりやすく伝えるために、今できる中での広報活動をしたい」という思いから始まった。同課が6月上旬に行った広報検討委員会で、若手職員や絵の得意な職員が中心となり、キャラクターの考案、作製に取り組んだ。

 デザインは、釧路の魅力をアピールしつつ、見た人が興味を引くようにとインパクトの強さを意識した。おさむ(仮)は8月から市の公式フェイスブックに登場。休日の納付相談窓口の案内など同課が情報を発信しているうちに、おさむ(仮)についての問い合わせを受けるようになった。

 同課はあくまで年間を通し行う広報活動の一環としており、おさむ(仮)をキャラクターとして全面に押し出していくことはしないという。おさむ(仮)は今後も市の公式フェイスブック上で税に関する情報を発信していく。同課納税担当の波田地真路課長補佐は「おさむ(仮)はみなさんに情報を伝えるツールの一つ。税の大切さをPRできれば」と話している。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク