全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

市職員が考案の納税キャラ、ネットで話題【釧路】

おさむ(仮)のプロフィール(釧路市公式フェイスブックより)

 釧路市の納税課が生んだキャラクター「おさむ(仮)」が、「見た目の衝撃がすごい」とインターネット上を中心に話題を呼んでいる。インターネット交流サイト(SNS)内では「釧路に興味を持った」などと肯定的な意見がある一方で、「どうしてこうなった」「気持ち悪い」と批判的な意見も。賛否両論が巻き起こる中、市内の飲食店からはキャラクターを使いたいとの問い合わせがあり、今後さらにおさむ(仮)の注目度が増しそうだ。

 おさむ(仮)は胴体がサンマで、右手にタンチョウヅル、左手にマリモを持ち、胴体から生えた2本の足は夕日のオレンジ色で染まっている。今月8日には市の公式フェイスブック上でおさむ(仮)のプロフィールが公表された。

 中身は釧路市の繁栄を願う青年という設定。名前は「税を納める」の“納”から取っており、(仮)については具体的な活動内容が決まっていないため、付けているという。プロフィールには、おさむ(仮)の頭文字を取って「Original Support Advice Man」と書き添えられている。

 キャラクターのデザインは同課の職員が担当。年度途中で予算が付かないことから外部に委託せず「市民に納税の大切さを呼び掛け、身近な情報を分かりやすく伝えるために、今できる中での広報活動をしたい」という思いから始まった。同課が6月上旬に行った広報検討委員会で、若手職員や絵の得意な職員が中心となり、キャラクターの考案、作製に取り組んだ。

 デザインは、釧路の魅力をアピールしつつ、見た人が興味を引くようにとインパクトの強さを意識した。おさむ(仮)は8月から市の公式フェイスブックに登場。休日の納付相談窓口の案内など同課が情報を発信しているうちに、おさむ(仮)についての問い合わせを受けるようになった。

 同課はあくまで年間を通し行う広報活動の一環としており、おさむ(仮)をキャラクターとして全面に押し出していくことはしないという。おさむ(仮)は今後も市の公式フェイスブック上で税に関する情報を発信していく。同課納税担当の波田地真路課長補佐は「おさむ(仮)はみなさんに情報を伝えるツールの一つ。税の大切さをPRできれば」と話している。

関連記事

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家 中札内

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

長野日報社

「伊那華のみそ娘」仕込み 伊那市東春近の女性組合

 長野県伊那市東春近の農家女性でつくる「伊那華のみそ娘加工組合」のみその仕込みが15日から、JA上伊那みそ加工施設で始まった。地元産の原材料と昔ながらの製法にこだわった安心・安全のみそは好評で...

東栄町・普光寺の「銅鉦鼓」が県有形文化財に

 県は、県文化財保護審議会(丸山宏会長)の答申に基づき、東栄町振草古戸中原、普光寺の工芸品「銅鉦鼓(どうしょうこ)」など3点を新たに県有形文化財に指定、史跡1件の面積を追加指定することにし、15日...

紀伊民報社

熊野古道 外国人対応エリア拡大

 和歌山県の田辺市熊野ツーリズムビューローは、熊野古道中辺路で急増中の外国人観光客に、より長く古道歩きを楽しんでもらおうと、小辺路や大辺路、伊勢路でも受け入れ態勢強化に乗り出した。観光客の増加や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク