全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

白山神社屋根ふき替え 修復に観光客ら120人寄付

 鶴岡市由良の白山島にある白山神社(神林栄孝宮司)で11日、島の頂上にある本殿修復に向けた屋根ふき替え用の銅板部材の荷揚げ作業が行われた。約2000枚の銅板でふき替えるもので、白山島を訪れる観光客らに修復事業への奉賛を呼び掛け、寄付者約120人の氏名とさまざまな願い事を板の裏面に記した。

 白山神社は平安時代の806年に「加賀の国一の宮」から白山大権現を勧進し、祭ったのが始まりと伝えられる。270段の階段を上った標高72メートルにある現在の本殿はひのき造り・銅板ぶきの社殿で、135年前に建立された。長年の風雪で屋根や内部の傷みが激しくなり、同神社氏子会(会長・遠藤米太郎由良自治会長)が本年度、本格的な修復事業を進めている。

 奉賛は7―10月に白山島の麓にある同神社拝殿に趣意書を記した記載台を設けて行い、銅板1枚(縦15センチ、横36センチ)3000円の寄付を呼び掛けた。県内や関東方面、仙台など隣県から訪れた人たち約120人が寄付金を奉納し、寄せられた祈願文を氏子会が銅板に油性ペンで書いた。祈願文には「家内安全」「無病息災」「世界平和」などのほか、「由良発展」「由良繁栄」といった白山神社に守られる由良地区の振興を祈る言葉もあった。

 荷揚げ作業には、4月の同神社例大祭で神輿(みこし)の「海中渡御」の担ぎ手役の若衆が参加。記念に銅板に自らの氏名と願い事を書いた後、肩に何十枚もの銅板を担いで本殿までの急な階段を往復した。梅津誠崇さん(40)は「由良地区を守る白山神社の修復に参加し銅板に名を残すことができ、ありがたいこと」と話した。

 氏子会の遠藤会長は「白山島を訪れた観光客から予想以上に多くの人の奉賛を頂き、驚いている」と話し、寄付者の銅板が屋根のどの位置に取り付けられたかを示す図面作製も検討している。

 修復工事は11月で完成。来春にお披露目の会を予定している。修復費用は全体で650万円を見込み、地元氏子らの寄付や今回の奉賛金などで賄う。

白山神社の本殿へ屋根ふき替え用銅板を運ぶ由良地区の住民たち(上)担ぎ手たちが銅板の裏面に記念の祈願文を書き込んだ

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク