全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

環境と星空イベント満喫 アースナイトデー、700人参加

会場にずらりと並ぶキャンピングテント。家族連れらがイベントを楽しんだ=10日午後、「流れ星の丘」

パネルディスカッションで星空の可能性について語る登壇者ら=10日午後、久宇良公民館特設会場

 環境と星空の大切さを考えるアースナイトデー2018が10日、久宇良公民館特設会場で、1泊のキャンピングアースが地区内の「流れ星の丘」でそれぞれ行われた。国立公園内が星空保護区に認定された石垣市の主催、竹富町の共催。市によると、約700人が訪れ、キャンピングイベントなどを楽しんだ。  特設会場では、講演会、パネルディスカッション、カミアワズとbirdのライブ、星空シアターなどのイベントがあり、星空の丘ではバーベキューのワークショップなど体験コーナーが設けられた。午後9時半ごろから始まった星空観望会では薄曇りだったが、未明ごろに満天に星が輝いた。  家族や親類11人で参加したという石垣小学校2年の金城望花(もか)さん(7)は「みんなでカレーを作ったことが楽しかった」と笑顔を見せた。  久宇良公民館の吉田友厚館長はパネルディスカッションで「これだけ集まるのは入植記念日の節目のとき以来。ほんとうにうれしい」と喜び、中山市長は「星空を北西部の財産として生かせるよう行政としてもバックアップしたい」と語った。  八重山星の会会長の通事安夫氏は「八重山の星文化があり、民謡や民話などが残っている」と紹介。国際ダークスカイ協会東京支部代表の越智信彰氏は▽国内トップの夜空の暗さがある▽天文台がある▽ガイドがいる▽星まつりが継続されているーことを特長に挙げ、「これだけ完璧な条件がそろっているところは世界にもない」と評価した。  西表島で星空ツアーをしているH2Oの宮沢みゆき氏は「星空ツアーを10年やっているが、五感に対するアプローチが大事。五感の心地よさがないと続かない。日本人には情緒を楽しむ感性がある。五感にアプローチすれば付加価値は高まる」と可能性の大きさに触れた。

関連記事

紀伊民報社

なでしこ熊野で必勝祈願

 6月にフランスで開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)に出場する「なでしこジャパン(日本女子代表)」の必勝祈願祭が17、18の両日、熊野三山一寺であった。日本サッカー協会の役員や地元関係...

ビーチウエディングに感動 奄美大島 関西の寺﨑さん

 「大好きな用集落でビーチウエディングを」。寺﨑伸一郎さん(38)=兵庫県、下浦由稀さん(25)=奈良県=の結婚式が18日、鹿児島県奄美市笠利町用集落の海岸で執り行われた。来島した新郎新婦の親族...

あふれる菜の花 音更・黒田農場

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

条例制定で検討委 竹富町観光案内人 順守事項など盛り込む

 竹富町観光案内人条例(仮称)制定検討委員会の第1回会議が18日、竹富町役場で開かれた。条例は、町内の貴重な自然環境やその生態系を守り、保全と活用の両立を実現させるため自然観光ガイドの届け出制や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク