全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

環境と星空イベント満喫 アースナイトデー、700人参加

会場にずらりと並ぶキャンピングテント。家族連れらがイベントを楽しんだ=10日午後、「流れ星の丘」

パネルディスカッションで星空の可能性について語る登壇者ら=10日午後、久宇良公民館特設会場

 環境と星空の大切さを考えるアースナイトデー2018が10日、久宇良公民館特設会場で、1泊のキャンピングアースが地区内の「流れ星の丘」でそれぞれ行われた。国立公園内が星空保護区に認定された石垣市の主催、竹富町の共催。市によると、約700人が訪れ、キャンピングイベントなどを楽しんだ。  特設会場では、講演会、パネルディスカッション、カミアワズとbirdのライブ、星空シアターなどのイベントがあり、星空の丘ではバーベキューのワークショップなど体験コーナーが設けられた。午後9時半ごろから始まった星空観望会では薄曇りだったが、未明ごろに満天に星が輝いた。  家族や親類11人で参加したという石垣小学校2年の金城望花(もか)さん(7)は「みんなでカレーを作ったことが楽しかった」と笑顔を見せた。  久宇良公民館の吉田友厚館長はパネルディスカッションで「これだけ集まるのは入植記念日の節目のとき以来。ほんとうにうれしい」と喜び、中山市長は「星空を北西部の財産として生かせるよう行政としてもバックアップしたい」と語った。  八重山星の会会長の通事安夫氏は「八重山の星文化があり、民謡や民話などが残っている」と紹介。国際ダークスカイ協会東京支部代表の越智信彰氏は▽国内トップの夜空の暗さがある▽天文台がある▽ガイドがいる▽星まつりが継続されているーことを特長に挙げ、「これだけ完璧な条件がそろっているところは世界にもない」と評価した。  西表島で星空ツアーをしているH2Oの宮沢みゆき氏は「星空ツアーを10年やっているが、五感に対するアプローチが大事。五感の心地よさがないと続かない。日本人には情緒を楽しむ感性がある。五感にアプローチすれば付加価値は高まる」と可能性の大きさに触れた。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク