全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

双方の織りの魅力紹介 久米島と八重山の織物展

久米島紬の歴史や工程、双方の織物文化の変遷などを紹介している「久米島と八重山の織物展」=10日午後、あざみ屋本店みんさー工芸館別館

 久米島紬は1975年、八重山上布と八重山ミンサーは89年に国の伝統的工芸品に指定。いずれも琉球王朝時代の過酷な貢納布の歴史があり、現在も優れた染織技術が継承されている。

 同展は久米島紬事業協同組合(松元徹理事長)が協力して実現。10日に会場で行われたミニ講話で松元理事長は「江戸時代は島の有力者が着ることを許されていた。一流の指導者がいて、全国的にも通用する織物になった」「明治から大正にかけて島の経済を支える商品として発展。産業としての規模は縮小したが、世界に誇れるものとして存在し、時代のニーズに対応してきた」などと述べ、これまでの歴史や人々の暮らしとの関わりを紹介した。

 会場の一角には昭和時代の久米島紬と八重山上布、八重山ミンサーが展示され、現代の織物と比較できるようになっている。

 久米島紬の真綿から絹糸を取る「つむぎ糸」と「絣(かすり)括(くく)り」の実演や、久米島紬と八重山ミンサーがコラボしたオリジナルシャツの展示販売も行っている。  最終日の11日は午前9時30分から午後5時。新理事長は「実演もあり、昭和の貴重な久米島紬が見られる機会はなかなかない。ぜひ見て、魅力を感じてもらいたい」と呼び掛けている。

関連記事

長野日報社

登山道コースで限界突破 南箕輪でトレイルランニング大会

長野県南箕輪村郊外の経ケ岳(標高2296メートル)の登山道をコースにしたトレイルランニング大会「第5回経ケ岳バーティカルリミット」(同実行委員会主催)が18日、同村の大芝高原を発着点に開かれた...

長野日報社

遊休地整備してロケ地創ろう 諏訪圏フィルムコミッション

諏訪地方観光連盟諏訪圏フィルムコミッション(FC)は、諏訪市内の遊休地を地域住民の手で整備し、映画などのロケ地として紹介できる場所をつくる「ロケ地をみんなで創ろう!プロジェクト」を始める。ボラ...

長野日報社

外来植物駆除を観光に 車山高原で試験的実施

諏訪地域振興局は外来植物の駆除作業を観光客に体験してもらうツアーを今夏、車山高原で試験的に実施する。作業を通じて霧ケ峰、車山高原に愛着を持ってもらう。自然エネルギーの普及啓発にもつなげる。 宿泊...

第5回石垣島ウルトラマラソン 雄大な自然楽しみ走破 過去最多の499人が出場

 第5回石垣島ウルトラマラソン(同実行委員会主催)が12日、メイン会場のサッカーパークあかんまを発着点に崎枝半島を反時計回りで周回する最長60㌔のコースで開かれ、全国各地や海外から過去最多の499...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク