全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

双方の織りの魅力紹介 久米島と八重山の織物展

久米島紬の歴史や工程、双方の織物文化の変遷などを紹介している「久米島と八重山の織物展」=10日午後、あざみ屋本店みんさー工芸館別館

 久米島紬は1975年、八重山上布と八重山ミンサーは89年に国の伝統的工芸品に指定。いずれも琉球王朝時代の過酷な貢納布の歴史があり、現在も優れた染織技術が継承されている。

 同展は久米島紬事業協同組合(松元徹理事長)が協力して実現。10日に会場で行われたミニ講話で松元理事長は「江戸時代は島の有力者が着ることを許されていた。一流の指導者がいて、全国的にも通用する織物になった」「明治から大正にかけて島の経済を支える商品として発展。産業としての規模は縮小したが、世界に誇れるものとして存在し、時代のニーズに対応してきた」などと述べ、これまでの歴史や人々の暮らしとの関わりを紹介した。

 会場の一角には昭和時代の久米島紬と八重山上布、八重山ミンサーが展示され、現代の織物と比較できるようになっている。

 久米島紬の真綿から絹糸を取る「つむぎ糸」と「絣(かすり)括(くく)り」の実演や、久米島紬と八重山ミンサーがコラボしたオリジナルシャツの展示販売も行っている。  最終日の11日は午前9時30分から午後5時。新理事長は「実演もあり、昭和の貴重な久米島紬が見られる機会はなかなかない。ぜひ見て、魅力を感じてもらいたい」と呼び掛けている。

関連記事

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕 帯広美術館

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

長野日報社

アイデアいっぱい実践へ 辰野町ど真ん中作戦会議

 日本の中心に位置する町のPR戦略を考えようと、辰野町と住民が協働で進める「日本のど真ん中作戦会議」は13日夜、第3回会議を町役場で開いた。幅広い世代の参加者約70人が、これまでに発案、仕分けし...

豊川稲荷でいなり寿司フェスタ

 豊川市と豊川市観光協会は8日、豊川稲荷境内で「第10回豊川いなり寿司フェスタ」と、豊川いなり寿司のイメージキャラクター「いなりん」の9歳の誕生日を祝う会を開いた。10月から開催中の愛知ディスティネー...

長野日報社

眠っていた天体望遠鏡を復活 八ケ岳総合博物館で15日に観望会

 茅野市八ケ岳総合博物館の収蔵庫に長年保管され、利用されていなかった天体望遠鏡が復活し、15日午後7時から観望会が同館で開かれる。諏訪地方のアマチュア天文家が所有していてもわずか―とみられる口径...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク