全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

目標100人に達成 「諏訪の国」SNS発信者

 諏訪地方観光連盟は9日、諏訪6市町村の観光地域ブランド「諏訪の国」をSNS(交流サイト)を使って売り込む発信者「諏訪の国公式アンバサダー」が目標の100人に達したと明らかにした。100人のツイッターなど3種類のSNSを合計すると、延べ約20万人のフォロワーがいるという。諏訪地域の観光の魅力を若い世代を中心に情報提供し、誘客につなげる。

 アンバサダー事業を受託している団体「諏訪圏情報コンソーシアム」によると、7月から募集し、10月半ばに100人に達した。20~60代の人が登録し、諏訪地域在住者が約7割という。県外の人もいる。100人で登録は締め切った。

 自らが感じる地域の良さや「諏訪の国」に関連した新企画や新商品の情報を「#(ハッシュタグ)諏訪の国公式アンバサダー」の文字をつけてツイッターやインスタグラム、フェイスブックといったSNSで投稿する。原則フォロワーが1000人ほどいれば、登録できるようにした。

 9日夜には、約20人のアンバサダーが参加して初の交流会を諏訪市のRAKO華乃井ホテルで開いた。観光連盟の金子ゆかり会長(諏訪市長)は、若い女性の諏訪の知名度が低いことが課題とし、「若い人に訴求力のあるSNSで自ら発信してもらえる活動は心強い」と期待した。

 下諏訪町出身の女子プロレスラー、杏ちゃむ(本名・藤木杏奈)さん(20)=東京都=は、仲間の誘いで登録した。「地元をPRしたいと思って参加した。諏訪地域は文化財が多いし、温泉もある。心が落ち着く場所だということを発信したい」と話した。

 情報コンソーシアムによると、今後は諏訪地域のスキー場や宿泊施設、酒蔵、飲食店など企業アンバサダーの登録を進める。諏訪全体の観光に貢献する企業の取り組みを個人アンバサダーが体験し、発信する予定という。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク