全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

目標100人に達成 「諏訪の国」SNS発信者

 諏訪地方観光連盟は9日、諏訪6市町村の観光地域ブランド「諏訪の国」をSNS(交流サイト)を使って売り込む発信者「諏訪の国公式アンバサダー」が目標の100人に達したと明らかにした。100人のツイッターなど3種類のSNSを合計すると、延べ約20万人のフォロワーがいるという。諏訪地域の観光の魅力を若い世代を中心に情報提供し、誘客につなげる。

 アンバサダー事業を受託している団体「諏訪圏情報コンソーシアム」によると、7月から募集し、10月半ばに100人に達した。20~60代の人が登録し、諏訪地域在住者が約7割という。県外の人もいる。100人で登録は締め切った。

 自らが感じる地域の良さや「諏訪の国」に関連した新企画や新商品の情報を「#(ハッシュタグ)諏訪の国公式アンバサダー」の文字をつけてツイッターやインスタグラム、フェイスブックといったSNSで投稿する。原則フォロワーが1000人ほどいれば、登録できるようにした。

 9日夜には、約20人のアンバサダーが参加して初の交流会を諏訪市のRAKO華乃井ホテルで開いた。観光連盟の金子ゆかり会長(諏訪市長)は、若い女性の諏訪の知名度が低いことが課題とし、「若い人に訴求力のあるSNSで自ら発信してもらえる活動は心強い」と期待した。

 下諏訪町出身の女子プロレスラー、杏ちゃむ(本名・藤木杏奈)さん(20)=東京都=は、仲間の誘いで登録した。「地元をPRしたいと思って参加した。諏訪地域は文化財が多いし、温泉もある。心が落ち着く場所だということを発信したい」と話した。

 情報コンソーシアムによると、今後は諏訪地域のスキー場や宿泊施設、酒蔵、飲食店など企業アンバサダーの登録を進める。諏訪全体の観光に貢献する企業の取り組みを個人アンバサダーが体験し、発信する予定という。

関連記事

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい  豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調され...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク