全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

イタリア建築家ら 伝統的な生活文化「素材」学ぶ

 イタリアの建築家ら7人が8日、鶴岡市青龍寺地区を訪れ、庄内地域の農村に残る母屋と土蔵、稲倉の伝統的な屋敷構えなどを視察した。

 イタリアと日本に拠点を置く食文化教育の総合企画会社「GEN」(齋藤由佳子代表)が企画したプログラムの一環で、食や建築など日本の伝統的な生活文化に関する幅広い「素材」を学ぶもの。今月1―9日の日程で来日し、岩手県遠野市や天童市、金山町などを回り、6日に庄内に入った。

 庄内では鶴岡市の出羽三山神社や玉川寺庭園、温海地域のスギ林伐採後の焼き畑による温海カブ栽培、関川地区のしな織、酒田市の山居倉庫などを視察。生活に関わる自然由来の多様な素材について視察した。

 視察最終日となった8日は、東北公益文科大の温井亨教授が案内役を務め、金峯山の登山口となっている青龍寺地区を訪れた。温井教授は古来の修験の山であることや、里山や水田を基盤にした農村地帯であることを説明し、生業(なりわい)がつくり出している暮らし全体の景観が同市の都市景観賞まちなみ部門を受賞していることなどを説明。一行の建築家らは地区内に残る土蔵を巡り、写真に収めて土蔵の機能について盛んに質問していた。

 イタリアのミラノで日本建築を紹介している建築家のセルジオ・サバディーニさん(49)は羽黒山の杉並木の神秘性に強い印象を持ち、自然を取り入れた庭と家屋との調和性に自然との共生を感じたと話し、「鶴岡は荘銀タクト鶴岡やスイデンテラス、キッズドームソライなど新しいものと伝統的なものがあり、とても面白くて魅力的。土蔵など古いものをリノベーション(改修)し、そのままの自然素材で再利用する取り組みを進め、伝統的な建築を守り残すことが大切だ」と視察の感想を語った。

農村に残る伝統的な土蔵を視察するイタリアの建築家ら=8日、鶴岡市青龍寺

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク