全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

アサギマダラ室戸岬で確認 伊那市の新山小児童がマーキング

日本地図でアサギマダラが移動した距離を確かめる児童

 アサギマダラが元気に約500キロ先まで飛んだよ―。伊那市新山小学校4年生が、秋に南下するチョウ「アサギマダラ」にマーキングしたうちの1匹が、高知県の室戸岬で確認された。児童5人は、発見者から届いたメールでチョウの写真を見て、「見つけた人と交流し、もっとアサギマダラのことを知りたい」と目を輝かせた。

 児童は総合学習で新山の歴史や生き物について学ぶ中で、長距離を渡るアサギマダラの生態や習性を6月から調べている。9月末に、地元有志でつくる「三界山登山道整備隊」が管理する同校近くのフジバカマ畑で20匹ほどのチョウを捕まえた。うち約半数の羽に油性ペンで学校名と電話番号を書いて放した。

 10月31日、アサギマダラを調べる会の吉本武さんから、室戸岬で見つけたと同校に電話があった。その後、児童はメールを受け取り、児童の1人、田畑珠菜さんがチョウの羽に書いた字を確認。羽の破損はほとんどなかった。

 「奇跡だ」と喜んだのは田畑さん。「見つかるなんて思ってもみなかった。台風があったのに、羽がきれいに残っていてうれしい」と話した。

 6月からアサギマダラを探してきた児童たち。6年生の目撃情報を頼りに三界山(標高1396メートル)にも登った。隊員から秋のわずかな期間に畑に来ると聞き、幸運にも約30匹が飛び交う場面に遭遇。初めてマーキングしたチョウが遠くの地で見つかり、喜びもひとしおだ。瀬戸千尋君は「もしできたら高知県に行きたいし、吉本さんにこっちに来てほしい」。吉本さんに手紙を送り、交流したいと考えている。

 室戸岬で確認されたアサギマダラは吉本さんの手から再び空へ放たれた。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク