全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

アサギマダラ室戸岬で確認 伊那市の新山小児童がマーキング

日本地図でアサギマダラが移動した距離を確かめる児童

 アサギマダラが元気に約500キロ先まで飛んだよ―。伊那市新山小学校4年生が、秋に南下するチョウ「アサギマダラ」にマーキングしたうちの1匹が、高知県の室戸岬で確認された。児童5人は、発見者から届いたメールでチョウの写真を見て、「見つけた人と交流し、もっとアサギマダラのことを知りたい」と目を輝かせた。

 児童は総合学習で新山の歴史や生き物について学ぶ中で、長距離を渡るアサギマダラの生態や習性を6月から調べている。9月末に、地元有志でつくる「三界山登山道整備隊」が管理する同校近くのフジバカマ畑で20匹ほどのチョウを捕まえた。うち約半数の羽に油性ペンで学校名と電話番号を書いて放した。

 10月31日、アサギマダラを調べる会の吉本武さんから、室戸岬で見つけたと同校に電話があった。その後、児童はメールを受け取り、児童の1人、田畑珠菜さんがチョウの羽に書いた字を確認。羽の破損はほとんどなかった。

 「奇跡だ」と喜んだのは田畑さん。「見つかるなんて思ってもみなかった。台風があったのに、羽がきれいに残っていてうれしい」と話した。

 6月からアサギマダラを探してきた児童たち。6年生の目撃情報を頼りに三界山(標高1396メートル)にも登った。隊員から秋のわずかな期間に畑に来ると聞き、幸運にも約30匹が飛び交う場面に遭遇。初めてマーキングしたチョウが遠くの地で見つかり、喜びもひとしおだ。瀬戸千尋君は「もしできたら高知県に行きたいし、吉本さんにこっちに来てほしい」。吉本さんに手紙を送り、交流したいと考えている。

 室戸岬で確認されたアサギマダラは吉本さんの手から再び空へ放たれた。

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク