全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「大山いざや巻」一行写す 100年前の写真見つかる

 鶴岡市の大山地区に伝わる唄と踊りの「大山いざや巻」は、かつては各町内でお盆時期に10日かけて旧家や造り酒屋を巡り、踊りを披露していた全国的にも珍しい民俗芸能。地区内の民家からこのほど、100年ほど前のいざや巻一行を写した古い写真が見つかった。いざや巻保存会(井上俊男会長)では「祭りや盆踊りが大好きな大山衆の気質や、地域の文化が伝わる写真資料。いざや巻を後世に伝えていく気持ちを新たにした」と話している。

 大山いざや巻は、500年ほど前の武藤家の時代から唄い踊り継がれてきた。尾浦(現在の大山)を統治していた3代城主の武藤義勝が戦いに出る際、大将が兵士を鼓舞するため「いざ出陣」と言うと、兵士が「やー」と応えたのが「いざや」の由来といわれる。

 旧家の庭などで拍子木と唄に合わせて踊り手たちがせりふを交えながら踊りを披露していたが、いつの頃からか盆踊りとして形を変え、昭和30年代前半まで大山犬祭りの神宿を務める町内で踊り継がれていた。かつて曲節は700巻あったとされるが、現在は32巻を残す。同保存会メンバーと、大山小学校女子児童たちの「キッズ華の会」が受け継ぎ、地区内外の行事で披露している。

 見つかった写真は、1920(大正9)年8月に同地区の専念寺で撮影されたいざや巻一行の集合写真で、写真裏面には「観音講連中」と書かれていた。大山二丁目の中村屋菓子店方の中村順子さん(83)が自宅で額などを整理していた際に見つけた。踊り手、拍子木、扇子、ちょうちん持ちなど老若男女総勢40人の中に、同店の先々代の寅吉さん、八重乃さん夫妻も写っていた。同保存会の会員でもある順子さんは「100年も前の写真が出てきて驚いた。夫の祖父母も踊っていたことが分かり、わが家の宝物になる」、井上会長は「写真のように、長い歴史がある大山の伝統芸能。若い人たちに何とか継承し後世につないでいきたい」と思いを語った。

見つかった大山いざや巻一行の古写真。かつては町内ごとに踊りグループがあったという(上)いざや巻を伝承する保存会とキッズ華の会のメンバー。9月末の鶴岡市中央公民館文化祭に参加

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク