全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

モール温泉号に過去最高223人 音更

モール温泉号に乗り込む観光客ら(JR札幌駅北口前)

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の第2号便(6日、JR札幌駅出発)の利用者が、1便の利用者として過去最高の223人に上った。同協会では「温泉号のスタート時期が、胆振東部地震に伴う『ふっこう割』や集客をPRするポスター効果と絶妙のタイミングで重なった」とみている。

 同バスは札幌圏の集客強化を目的に運行しており、今年11年目。今季は特に、胆振東部地震の影響でキャンセルが1万泊に上り、同協会や地元の旅館組合などが危機感を募らせており同バスへの期待感も大きい。

 火曜日正午に札幌駅北口を出発、帰りは木曜日午前10時出発の2泊3日のプラン。今季も10月30日に始まり、第1号便は148人(291泊)が利用。第2号便の6日は、60~70代を中心に223人が5台のバスに乗り込んだ。

 同協会と十勝川温泉旅館組合(作田英実組合長)が作製したポスター「元気ないです 十勝川温泉」は、キャンセルが相次いだ温泉街の窮状を逆手に取ったポスターで、道内外のメディアに取り上げられた。また、同温泉では1泊2000円を割り引く「音更ふっこう割」も実施中。

 同協会の窪浩政事務局次長は「第2号便の利用者数は驚きの数字。これを起爆剤に、12月以降も勢いを継続していければ」と期待している。なお、モール温泉号の昨年度の利用者数は340人(683泊)。

関連記事

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

一面の雪原キャンバス 一日がかり足跡アート 中札内

 雪原にミステリーサークル!? 中札内村のとある場所に幾何学模様が出現した。上から見ると、まるでアート作品のようだ。  村の地域おこし協力隊の梶山智大さん(33)が2月下旬に300メートル×4...

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

奄美の黒糖焼酎も好評 東京で「かごしま食の大交流会」

 鹿児島県の特産品と観光の魅力をアピールする「かごしま食の大交流会inTOKYО」が1月31日、東京都内のホテルであった。日本一の評価を受けた鹿児島黒牛とともに、2020年の世界自然遺産登録を目指...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク