全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「福島との懸け橋に」 小野高校と八重農が交流

友好協定を締結した小野高校の生徒と交流している八重農の生徒たち=7日午前、八重農体育館

 2016年に八重山農林高校(山城聡校長、生徒252人)と友好協定を締結した福島県立小野高校(渡邉学校長、生徒281人)の生徒ら13人が7日、八重農を訪れ、校内施設見学や農産加工実習などへの参加を通して絆を強めた。

 交流は3年目で、八重農は2回、小野高は今回を含めて3回双方を訪問している。一行は6日に来島し、9日まで滞在する。

 7日午前、八重農体育館で開かれた生徒交流会で同校の野原佳太生徒会長(2年)は「年に1度のこの日を楽しみにしていた。短い間だが、八重農と小野高の絆をさらに強められるように頑張っていこう」、小野高の志賀勲教頭は「気候や文化、風土が違う中で、互いに刺激をもらい合いながら、両校の発展につなげていけたら」とあいさつ。

 小野高の生徒らが一人ずつ自己紹介した後、東日本大震災から復興に向けてのあゆみや、学校紹介をスライドで説明。八重農の生徒は運動会で披露したエイサーを勇壮に繰り広げて小野高の生徒たちを歓迎した。それぞれの特産品や民芸品で作った記念品なども交わした。

 小野高生徒会長の田中誠星(せいや)君(2年)は「沖縄は身近ではないので、この機会に多彩な文化に触れて人生の思い出にしたい。福島県内では小野高しかこういう交流をしていないと聞いていて、後輩にも懸け橋として活躍していってほしい」と話した。

 8日は、小野高産の米粉や桜の塩漬け、八重山産の黒糖などを使った小野高提案の「米粉マドレーヌ」を、両校の生徒で作る実習を予定している。期間中に八重農提案のサツマイモと米粉を使用したケーキやかるかん、パンなど4品の試作も行う。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク