全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

数百個にプロトコーム形成 上伊那農業高校のアツモリソウ

白っぽい色をしたプロトコーム(写真下は拡大)。現時点で数百個の形成を確認している。

 美ケ原高原に自生する絶滅危惧種アツモリソウの保護回復事業に参画する上伊那農業高校(南箕輪村)は7日、人工授粉を経て高原の自生地で8月に採取した種を校内で無菌培養したところ、数百個にプロトコームが形成されたと発表した。白っぽい色をした組織の塊で、芽が出た状態ではないが、ラン科植物では発芽に当たる。順調に肥大しており、専用の培地に移し替える作業に着手。今後、芽や根が出て苗に育つことが期待できるという。

 活動しているのは、同校バイテク班と植物科学コースの生徒たち。今年は6月に人工授粉をして7株が結実したことを確認。8月上旬にこのうち2株のさやを採取し、校内の無菌室内で培地瓶に種をまく作業をした。

 プロトコームの形成が始まったのは9月半ばから。直径2~5ミリに肥大したものをピンセットで育成用の別の培地に移し替えている。美ケ原での活動は3年目となるが、今年はアツモリソウの開花状況が良好で、花粉を他の花の柱頭につける「他家授粉」が初めて実現。良質な種が採れたことが順調な生育に結び付いたとみている。

 昨夏に採った種にも数個形成されたが、自家授粉(近親交配)だったためか、こちらは肥大しなかったという。

 バイテク班班長の草間楓さん(18)=3年=は「思ったより早く成果が出ている。自分たちの夢が現実味を帯びてくる」。顧問の有賀美保子教諭は「第一段階をクリアして増殖への目途がついた。自生地への苗の植え戻しまでには多くの課題があるが、生息域外保全に向けては大きな一歩を踏み出せた」としている。

関連記事

田島さんの門出祝う 比川小で一人の卒業式

 【与那国】与那国、久部良、比川3小学校の卒業式が20日、各校で行われ、合わせて21人が学びやを巣立った。  このうち比川小学校(與島康仁校長、児童数9人)の卒業式は午前10時から同校体育館で行わ...

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク