全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「根室線存続を」 帯広集会に200人

パネルディスカッションで意見を述べる高橋十勝町村会長(中央)ら

 根室線維持について考える「JR根室本線(新得-富良野間)の路線維持を!北海道の鉄路存続と再生を考える十勝の集いin帯広」が6日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。管内首長や住民のほか、上川管内南富良野町、占冠村の議員など約200人が参加し、根室線の存続について意見を交わした。

 新得町民有志の「JR根室本線の災害復旧と存続を求める会」(平良則代表)主催。同会は6月に新得町で十勝集会を開いており、帯広開催は初めて。

 パネル討論が行われ、高橋正夫十勝町村会長(本別町長)、棚野孝夫釧路町村会長(白糠町長)、池部彰上川町村会副会長(南富良野町長)らが登壇。棚野町村会長は「根室本線は観光振興の背骨で地域活性化のためにも残してもらいたい。今までは自治体が一緒になったサービス向上は行っていなかったが、存続には地域も一体となり観光に結び付けることが不可欠」と提言。高橋町村会長は「われわれ東北海道に住む道民が、粘り強く存続に向けて行動を取っていきたい」と話した。

 また北海道教育大学札幌校の武田泉准教授が「北海道の鉄路を守ろう」と題し、基調提起を行った。武田氏は「根室本線は旭川、釧路など全道的な都市間を結ぶネットワークを形成している」と重要性を説明。客貨混載の実施や、駅舎を地域おこし協力隊の詰所にして人けを絶やさないなど、存続へのアイデアも話した。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク