全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

さかた観光交流マイスター 第1号に酒田舞娘

 酒田市の「酒田交流おもてなし市民会議」(会長・丸山至市長)は5日、同市の観光・交流に貢献している伝統文化・芸能の団体・個人を「さかた観光交流マイスター」として認定する制度を創設することにし、その第1号として「酒田舞娘(まいこ)」を認定すると発表した。

 同会議は昨年2月、酒田港初の外国クルーズ船寄港(同8月)を機に市を挙げて国内外の観光客をもてなす体制を構築しようと、官民で立ち上げた。今回の認定制度は、同市民会議企画運営部会(部会長・白崎好行酒田商工会議所専務、部会員9人)の推薦に基づき、会長が認定。市の観光や交流、PRなどの活動に経費面で助成するなど、支援していく。

 酒田舞娘は、酒田が北前船でにぎわったころの料亭文化を復活させ地域振興に役立てようと、地元の経済人が中心になり1990年、舞娘を育て派遣する会社「港都振興」を設立してスタート。2000年には食肉・外食の平田牧場(本社・酒田市)が事業を継承し、舞娘茶屋相馬樓・竹久夢二美術館(同市日吉町一丁目)を拠点に活動。クルーズ船寄港時の歓迎イベントをはじめ、今年2月には市の使節団としてロシア・サンクトペテルブルクに行き、エルミタージュ美術館で舞を披露するなど、酒田の観光のシンボルとして活躍している。今回の認定対象は舞娘5人と、歌と三味線伴奏を担当する地方(じかた)2人の計7人。

 市民会議会長の丸山市長は5日、定例記者会見の中で「認定によって、やりがいを持って次世代に継承してほしい。一層、前面に出て酒田の観光・交流に活躍してもらえるよう支援したい」と話した。

 市民会議は酒田産の杉を使った認定証を製作中で、完成次第、贈呈する。今後も年1団体程度を認定していくという。

「さかた観光交流マイスター」第1号となる酒田舞娘=今年6月、酒田港袖岡埠頭(ふとう)で行われた中型いか釣り船団出航式で

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク