全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

さかた観光交流マイスター 第1号に酒田舞娘

 酒田市の「酒田交流おもてなし市民会議」(会長・丸山至市長)は5日、同市の観光・交流に貢献している伝統文化・芸能の団体・個人を「さかた観光交流マイスター」として認定する制度を創設することにし、その第1号として「酒田舞娘(まいこ)」を認定すると発表した。

 同会議は昨年2月、酒田港初の外国クルーズ船寄港(同8月)を機に市を挙げて国内外の観光客をもてなす体制を構築しようと、官民で立ち上げた。今回の認定制度は、同市民会議企画運営部会(部会長・白崎好行酒田商工会議所専務、部会員9人)の推薦に基づき、会長が認定。市の観光や交流、PRなどの活動に経費面で助成するなど、支援していく。

 酒田舞娘は、酒田が北前船でにぎわったころの料亭文化を復活させ地域振興に役立てようと、地元の経済人が中心になり1990年、舞娘を育て派遣する会社「港都振興」を設立してスタート。2000年には食肉・外食の平田牧場(本社・酒田市)が事業を継承し、舞娘茶屋相馬樓・竹久夢二美術館(同市日吉町一丁目)を拠点に活動。クルーズ船寄港時の歓迎イベントをはじめ、今年2月には市の使節団としてロシア・サンクトペテルブルクに行き、エルミタージュ美術館で舞を披露するなど、酒田の観光のシンボルとして活躍している。今回の認定対象は舞娘5人と、歌と三味線伴奏を担当する地方(じかた)2人の計7人。

 市民会議会長の丸山市長は5日、定例記者会見の中で「認定によって、やりがいを持って次世代に継承してほしい。一層、前面に出て酒田の観光・交流に活躍してもらえるよう支援したい」と話した。

 市民会議は酒田産の杉を使った認定証を製作中で、完成次第、贈呈する。今後も年1団体程度を認定していくという。

「さかた観光交流マイスター」第1号となる酒田舞娘=今年6月、酒田港袖岡埠頭(ふとう)で行われた中型いか釣り船団出航式で

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク