全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口県立美術館が700万人、開館39年で

記念品の目録を手に笑顔を見せる高谷さん(右、県立美術館で)

 山口県立美術館の入館者が5日、700万人を達成した。開館から39年1カ月での大台突破。10日午前11時からは、感謝の思いを込めてミニコンサートや餅まき、ギャラリートークなどの記念イベントも行われる。700万人目となったのは、神奈川県鎌倉市の会社員、高谷守さん(57)。開催中の特別展「没後400年 雲谷等顔展」を目当てに、自身が水墨画に興味を持つきっかけにもなった「雪舟への旅展」以来、12年ぶりに足を運んだという。「節目の来館者となるのは初めてで、光栄であるとともに驚いている。雲谷派の絵画を楽しみたい」と笑顔を見せた。

 セレモニーでは、岡田実館長とくす玉を割って祝福。図録3冊、チケットホルダー、花束などの記念品も贈られた。岡田館長は「地域住民など、多くの方々に支えていただいたおかげ。気軽に来館してもらえる美術館を目指したい」と思いを語った。同館は1979年に開館。県ゆかりの雪舟や香月泰男の作品など、4000点以上を収蔵している。これまでの特別展入館者数では、2001年の「クロード・モネ展」で最多となる26万5272人を記録している。 

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク