全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺工業が初優勝 県高校駅伝男子の部

トップでゴールする田辺工業の井澗翔太君(日高川町田尻で)

 県高校駅伝競走大会(和歌山陸上競技協会など主催)が3日、和歌山県日高川町田尻の長子橋・小釜橋周辺コースであり、男子の部(7区間42・195キロ)で田辺工業が2時間9分38秒を記録して初優勝した。12月23日に京都市である全国大会に出場する。

 男子は9チーム、オープン2チームが出場した。田辺工業は昨年まで10年連続優勝の和歌山北とスタートから競り合い、1区で野村優作君(3年)がトップと6秒差の2位でたすきを渡した。3区で主将の都築勇貴君(3年)が和歌山北を抜いて1位になると、4区の重石卓哉君(3年)がさらに引き離し、5区以降の3人も好走。結果的に5人が区間賞を獲得し、2位の和歌山北に3分44秒の大差をつけた。  都築君は「去年は出場できなかったので、今年は絶対に優勝して全国への切符を手にすることを目標にしていた。メンバー全員が気持ちを前面に出して走ることができた。全国では2時間8分を切ることを目標に、自分たちらしい積極的で粘りのある走りをしたい」と笑顔で話した。  田辺工業の藤井歩監督(41)は「3年生3人の頑張りが全て。2年生も安心して走ることができた。メンバー一人一人が人間的にも成長した。今まで応援していただいた方々に感謝したい」と喜びをかみしめた。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク