全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

田辺工業が初優勝 県高校駅伝男子の部

トップでゴールする田辺工業の井澗翔太君(日高川町田尻で)

 県高校駅伝競走大会(和歌山陸上競技協会など主催)が3日、和歌山県日高川町田尻の長子橋・小釜橋周辺コースであり、男子の部(7区間42・195キロ)で田辺工業が2時間9分38秒を記録して初優勝した。12月23日に京都市である全国大会に出場する。

 男子は9チーム、オープン2チームが出場した。田辺工業は昨年まで10年連続優勝の和歌山北とスタートから競り合い、1区で野村優作君(3年)がトップと6秒差の2位でたすきを渡した。3区で主将の都築勇貴君(3年)が和歌山北を抜いて1位になると、4区の重石卓哉君(3年)がさらに引き離し、5区以降の3人も好走。結果的に5人が区間賞を獲得し、2位の和歌山北に3分44秒の大差をつけた。  都築君は「去年は出場できなかったので、今年は絶対に優勝して全国への切符を手にすることを目標にしていた。メンバー全員が気持ちを前面に出して走ることができた。全国では2時間8分を切ることを目標に、自分たちらしい積極的で粘りのある走りをしたい」と笑顔で話した。  田辺工業の藤井歩監督(41)は「3年生3人の頑張りが全て。2年生も安心して走ることができた。メンバー一人一人が人間的にも成長した。今まで応援していただいた方々に感謝したい」と喜びをかみしめた。

関連記事

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク