全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

新帯広厚生病院が開業 道東の拠点病院目指す

グランドオープン前から、多くの患者が訪れる新病院1階

 帯広厚生病院(菊池英明院長)の新病院が5日午前9時に開業した。1945年に島田病院を譲り受けて発足して以来、全面移転は38年ぶり3度目。午前8時から実施したオープニングセレモニーでは、JA北海道厚生連の西一司会長が「新病院は十勝はもちろん、道東の拠点にもなる医療機関。患者の皆さんに選んでもらえる病院にする」と決意を語った。

 JA北海道厚生連が全道に展開する医療機関の中で最大の高度急性期病院。新設の緩和ケア病棟を含め、651床を持つ。2016年3月に着工し、18年10月に市内西14南10に完成した。地上10階建て、延べ床面積6万3500平方メートルで、快適な療養環境と働きやすい職場を整備。最新の医療機器をそろえた。

 オープニングセレモニーには、西会長と菊池院長が出席。病院職員らも緊張した面持ちで参加した。来賓は十勝地区農業協同組合長会の有塚利宣会長、十勝農協連の山本勝博会長、米沢則寿帯広市長、高橋正夫十勝町村会会長が出席した。

 祝辞を述べた有塚会長は「医療の充実は地域に住む人の安心、安全を実現し、心を満たす。新病院を開業してくれた厚生連と、病院の皆さんに心から感謝したい」と話した。

 午前8時半にメインエントランスが開放されると、早朝から並んでいた住民らが一斉に院内に。赤ちゃんと共に訪れた帯広市内の石田綾奈さん(30)は「新しくきれいな病院になって、うれしい。子どもの健診でお世話になるし、今まで札幌で受けていた手術なども帯広でできるようになることを期待している」と話した。

 患者らを出迎えた菊池院長は「今までは『質の高い医療』を実現するためのハードを整える作業をしてきたが、今後はソフトの作り込みが始まる。思い描いたプランを実現できるよう、気を引き締めて臨みたい」と語った。

関連記事

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク