全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元の海に誇り持って 水族館で体験学習

アカウミガメに触れる参加者ら(串本町有田で)

 和歌山県串本町産業課は4日、同町有田の串本海中公園センターで町内の小学生と保護者を対象に「くしもとの海体験学習会」を開いた。ラムサール条約に登録されている串本の海について体験学習することで、ラムサール海域の大切さを学び、串本の海に誇りを持ってファンになってもらうことが目的。センター内の見学や磯での観察をした。  見学会は毎年、学校を通じて呼び掛けており、今年は保護者にも対象を広げた。潮岬、串本西、串本、西向、古座の各小学校から児童16人と保護者6人が参加した。  初めに、町産業課の中裕幸さんがラムサール条約について説明。中さんは、串本沿岸海域は世界最北の大サンゴ群生域があり、2005年に同条約湿地に登録されたことや、串本の海での自身のスキューバダイビング体験について話したり、串本海中フォトコンテストの受賞作品を見せたりした。  その後、海中公園センターの森美枝副館長が水族館内や展望塔、センター前にある錆浦海岸の磯を案内した。串本の海で見られるサンゴ、イソギンチャク、魚の特徴などを紹介し、参加者からの質問に答えた。  水族館のバックヤードでは、生まれて半年ほどのアオウミガメと1年ほどのアカウミガメを触ったり、水族館の水槽を上からのぞき込んだりした。  古座小4年の仲立人君(10)は「アカウミガメは思っていたよりも重くてびっくりした。串本の海はサンゴがいっぱいあると知った」、父親の泰州さん(37)は「串本の海にいる生き物を見せることはいい教育だと思うので、海中公園にはよく来る。こうして学習会に参加することで気付くこともあって、子どもと触れ合ういい機会にもなった」と話した。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク