全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元の海に誇り持って 水族館で体験学習

アカウミガメに触れる参加者ら(串本町有田で)

 和歌山県串本町産業課は4日、同町有田の串本海中公園センターで町内の小学生と保護者を対象に「くしもとの海体験学習会」を開いた。ラムサール条約に登録されている串本の海について体験学習することで、ラムサール海域の大切さを学び、串本の海に誇りを持ってファンになってもらうことが目的。センター内の見学や磯での観察をした。  見学会は毎年、学校を通じて呼び掛けており、今年は保護者にも対象を広げた。潮岬、串本西、串本、西向、古座の各小学校から児童16人と保護者6人が参加した。  初めに、町産業課の中裕幸さんがラムサール条約について説明。中さんは、串本沿岸海域は世界最北の大サンゴ群生域があり、2005年に同条約湿地に登録されたことや、串本の海での自身のスキューバダイビング体験について話したり、串本海中フォトコンテストの受賞作品を見せたりした。  その後、海中公園センターの森美枝副館長が水族館内や展望塔、センター前にある錆浦海岸の磯を案内した。串本の海で見られるサンゴ、イソギンチャク、魚の特徴などを紹介し、参加者からの質問に答えた。  水族館のバックヤードでは、生まれて半年ほどのアオウミガメと1年ほどのアカウミガメを触ったり、水族館の水槽を上からのぞき込んだりした。  古座小4年の仲立人君(10)は「アカウミガメは思っていたよりも重くてびっくりした。串本の海はサンゴがいっぱいあると知った」、父親の泰州さん(37)は「串本の海にいる生き物を見せることはいい教育だと思うので、海中公園にはよく来る。こうして学習会に参加することで気付くこともあって、子どもと触れ合ういい機会にもなった」と話した。

関連記事

「ドラえもん」監督の八鍬新之介さん PTA大会で講演 幕別

 帯広市出身で「ドラえもん のび太の月面探査記」などを手掛けたアニメーション監督八鍬新之介さん(38)の講演会が8日、札内コミュニティプラザで開かれた。「映像を通して子どもたちに伝えたいこと」をテ...

101年ぶりの新種と判明 石垣島沖の深海で採取 15年飼育のイソギンチャク..

 沖縄美ら海水族館で約15年にわたり人知れず飼育されてきたイソギンチャクが新種「Synactinernus churaumi」だったと分かった。東京大学などの研究グループが10日付の日本動物学会の学会誌(電子版)に発表し...

釧路新聞社

管内初のマンホールカード【別海】

別海町は14日からマンホールのふたをデザインしたコレクションカード「マンホールカード」を発行する。同カード発行は根室管内では初。2000枚を用意し、役場庁舎で申請を受け、アンケート回答後に手渡す...

荘内日報社

「酒井家墓所」整備・保存へ

 旧庄内藩主酒井家の歴代藩主らが眠る鶴岡市の「酒井家墓所」の整備、保存に取り組む一般社団法人荘内酒井歴史文化振興会(酒井忠順代表理事)は10日、墓所の環境整備に向け、目標額200万円としたクラウドファン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク