全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

地元の海に誇り持って 水族館で体験学習

アカウミガメに触れる参加者ら(串本町有田で)

 和歌山県串本町産業課は4日、同町有田の串本海中公園センターで町内の小学生と保護者を対象に「くしもとの海体験学習会」を開いた。ラムサール条約に登録されている串本の海について体験学習することで、ラムサール海域の大切さを学び、串本の海に誇りを持ってファンになってもらうことが目的。センター内の見学や磯での観察をした。  見学会は毎年、学校を通じて呼び掛けており、今年は保護者にも対象を広げた。潮岬、串本西、串本、西向、古座の各小学校から児童16人と保護者6人が参加した。  初めに、町産業課の中裕幸さんがラムサール条約について説明。中さんは、串本沿岸海域は世界最北の大サンゴ群生域があり、2005年に同条約湿地に登録されたことや、串本の海での自身のスキューバダイビング体験について話したり、串本海中フォトコンテストの受賞作品を見せたりした。  その後、海中公園センターの森美枝副館長が水族館内や展望塔、センター前にある錆浦海岸の磯を案内した。串本の海で見られるサンゴ、イソギンチャク、魚の特徴などを紹介し、参加者からの質問に答えた。  水族館のバックヤードでは、生まれて半年ほどのアオウミガメと1年ほどのアカウミガメを触ったり、水族館の水槽を上からのぞき込んだりした。  古座小4年の仲立人君(10)は「アカウミガメは思っていたよりも重くてびっくりした。串本の海はサンゴがいっぱいあると知った」、父親の泰州さん(37)は「串本の海にいる生き物を見せることはいい教育だと思うので、海中公園にはよく来る。こうして学習会に参加することで気付くこともあって、子どもと触れ合ういい機会にもなった」と話した。

関連記事

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

「ねじのロケット」7号機 今夏打ち上げ MOMO公開 大樹

 町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前11時から、町浜大樹の実験場で、今夏打ち上げ予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機を報道陣に初めて公開し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク