全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト 2部門の金賞決まる

 鶴岡食文化創造都市推進協議会は1日、食関連産業の振興を目的に初めて実施した「わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト」の審査結果を発表した。2つの部門のうち加工食品部門で本長の「蔵王クリームチーズ粕漬」、菓子部門で木村屋の「だだちゃ豆のフィナンシェ」がそれぞれ最高賞の金賞に決まった。このほか両部門とも銀賞1点、銅賞2点が決まり、受賞商品には特別ロゴ使用などの特典が与えられる。

 市内事業者の新商品開発促進と優れた商品の情報発信による食関連産業の振興に向け、同協議会と鶴岡商工会議所、出羽商工会が主催し、2015年以降に商品化・改良した商品を対象に公募してコンテストを実施した。

 加工食品部門10、菓子部門12の計22商品が出品され、10月14日に市小真木原体育館で市民100人による試食審査を行い、各審査員の採点を積算して金、銀、銅賞を決めた。試食審査では、市民が事業者の説明を聞いて商品を味わい、使用する素材やストーリー性などの「鶴岡らしさ」、食味や香りなどの技術力、パッケージデザイン、独自性、市場開拓性などを採点した。

 加工食品部門で金賞となった蔵王クリームチーズ粕漬(80グラム、864円)は、クリームチーズを本長伝統のかす漬けにしたもので、庄内地域の酒蔵の酒かすを使用。市民審査員からは「酒かすのうま味とチーズのうま味が絶妙」「ワインに合う。発想がよい」といった評価があった。

 菓子部門で金賞のだだちゃ豆のフィナンシェ(6個入り、1037円)は、山形大発ベンチャー企業が開発した常温乾燥技術を活用し、1個当たり8さやのだだちゃ豆を使った焼き菓子。市民審査員は「だだちゃ豆の風味が強く感じられる」「技術が生かされたしっかりした味」など評価した。

 受賞商品は同協議会のホームページでPRされる。表彰式は12月15日(土)開催の「つるおか食文化市民フォーラム」で行い、抽選による受賞商品のプレゼント、試食・販売もある。

 金賞以外の受賞商品は次の通り。(かっこ内は事業者)

 ◇加工食品部門▽銀賞=だだちゃ豆おこわ(佐徳)▽銅賞=殿様だだちゃ豆100%キムチ(海産工房本間水産)、ごま豆腐(出羽三山神社斎館)◇菓子部門▽銀賞=鶴姫レッドメロンアイスクリーム(JA鶴岡)▽銅賞=鶴岡シルクマカロン(ファリナモーレ・ドルチェ)、つるん餅(十一屋)

金賞に決まった蔵王クリームチーズ粕漬(上)と、だだちゃ豆のフィナンシェ

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク