全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト 2部門の金賞決まる

 鶴岡食文化創造都市推進協議会は1日、食関連産業の振興を目的に初めて実施した「わたしのイチオシ!つるおか名物コンテスト」の審査結果を発表した。2つの部門のうち加工食品部門で本長の「蔵王クリームチーズ粕漬」、菓子部門で木村屋の「だだちゃ豆のフィナンシェ」がそれぞれ最高賞の金賞に決まった。このほか両部門とも銀賞1点、銅賞2点が決まり、受賞商品には特別ロゴ使用などの特典が与えられる。

 市内事業者の新商品開発促進と優れた商品の情報発信による食関連産業の振興に向け、同協議会と鶴岡商工会議所、出羽商工会が主催し、2015年以降に商品化・改良した商品を対象に公募してコンテストを実施した。

 加工食品部門10、菓子部門12の計22商品が出品され、10月14日に市小真木原体育館で市民100人による試食審査を行い、各審査員の採点を積算して金、銀、銅賞を決めた。試食審査では、市民が事業者の説明を聞いて商品を味わい、使用する素材やストーリー性などの「鶴岡らしさ」、食味や香りなどの技術力、パッケージデザイン、独自性、市場開拓性などを採点した。

 加工食品部門で金賞となった蔵王クリームチーズ粕漬(80グラム、864円)は、クリームチーズを本長伝統のかす漬けにしたもので、庄内地域の酒蔵の酒かすを使用。市民審査員からは「酒かすのうま味とチーズのうま味が絶妙」「ワインに合う。発想がよい」といった評価があった。

 菓子部門で金賞のだだちゃ豆のフィナンシェ(6個入り、1037円)は、山形大発ベンチャー企業が開発した常温乾燥技術を活用し、1個当たり8さやのだだちゃ豆を使った焼き菓子。市民審査員は「だだちゃ豆の風味が強く感じられる」「技術が生かされたしっかりした味」など評価した。

 受賞商品は同協議会のホームページでPRされる。表彰式は12月15日(土)開催の「つるおか食文化市民フォーラム」で行い、抽選による受賞商品のプレゼント、試食・販売もある。

 金賞以外の受賞商品は次の通り。(かっこ内は事業者)

 ◇加工食品部門▽銀賞=だだちゃ豆おこわ(佐徳)▽銅賞=殿様だだちゃ豆100%キムチ(海産工房本間水産)、ごま豆腐(出羽三山神社斎館)◇菓子部門▽銀賞=鶴姫レッドメロンアイスクリーム(JA鶴岡)▽銅賞=鶴岡シルクマカロン(ファリナモーレ・ドルチェ)、つるん餅(十一屋)

金賞に決まった蔵王クリームチーズ粕漬(上)と、だだちゃ豆のフィナンシェ

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク