全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

空の玄関口新千歳が全面復旧 温泉、ホテルも営業再開

再開した施設受付に並ぶ空港利用客=1日午後5時すぎ、新千歳空港温泉

 9月の胆振東部地震から一部閉鎖中だった新千歳空港の商業施設が11月1日、約2カ月ぶりに全面復旧した。国内線ターミナルビル内の新千歳空港温泉とエアターミナルホテルが営業を再開。全施設の復旧完了まで当初約4カ月と見込まれていたが、迅速な作業によって北海道の空の玄関口は見込みより約2カ月早く機能を取り戻した。

 新千歳では今回の地震で千歳市内最大の震度6弱を観測。旅客ビルは壁や天井の崩落、スプリンクラーの破損による漏水といった被害に見舞われ、道内の一斉停電(ブラックアウト)も相まって9月6日の発災日は全館閉鎖し、全便欠航となった。13日に国内線ビル2階の物販店が再開したのを皮切りに飲食店なども順次開店。温泉とホテルが残っていた。

 食器の破損や漏水の起きた新千歳空港温泉は10月6日、床板の張り替えなど復旧作業の終えた約140席の食堂とエステ、マッサージ区画で先行営業。11月1日に残る大浴場と岩盤浴施設、客室、約280席のリラックスルームを再開した。

 壁紙が剥がれたりテレビが倒れたりしたエアターミナルホテルは同日、全188室で営業を開始。運営する碧雲堂ホテル&リゾートによると、年内の予約率は前年同期比8~9割という。

 旅客ビルを管理、運営する新千歳空港ターミナルビルディングは「今後もお客さまの安全安心と多様なニーズに応える魅力的な空港を目指す」としている。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク