全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

空の玄関口新千歳が全面復旧 温泉、ホテルも営業再開

再開した施設受付に並ぶ空港利用客=1日午後5時すぎ、新千歳空港温泉

 9月の胆振東部地震から一部閉鎖中だった新千歳空港の商業施設が11月1日、約2カ月ぶりに全面復旧した。国内線ターミナルビル内の新千歳空港温泉とエアターミナルホテルが営業を再開。全施設の復旧完了まで当初約4カ月と見込まれていたが、迅速な作業によって北海道の空の玄関口は見込みより約2カ月早く機能を取り戻した。

 新千歳では今回の地震で千歳市内最大の震度6弱を観測。旅客ビルは壁や天井の崩落、スプリンクラーの破損による漏水といった被害に見舞われ、道内の一斉停電(ブラックアウト)も相まって9月6日の発災日は全館閉鎖し、全便欠航となった。13日に国内線ビル2階の物販店が再開したのを皮切りに飲食店なども順次開店。温泉とホテルが残っていた。

 食器の破損や漏水の起きた新千歳空港温泉は10月6日、床板の張り替えなど復旧作業の終えた約140席の食堂とエステ、マッサージ区画で先行営業。11月1日に残る大浴場と岩盤浴施設、客室、約280席のリラックスルームを再開した。

 壁紙が剥がれたりテレビが倒れたりしたエアターミナルホテルは同日、全188室で営業を開始。運営する碧雲堂ホテル&リゾートによると、年内の予約率は前年同期比8~9割という。

 旅客ビルを管理、運営する新千歳空港ターミナルビルディングは「今後もお客さまの安全安心と多様なニーズに応える魅力的な空港を目指す」としている。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク