全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

空の玄関口新千歳が全面復旧 温泉、ホテルも営業再開

再開した施設受付に並ぶ空港利用客=1日午後5時すぎ、新千歳空港温泉

 9月の胆振東部地震から一部閉鎖中だった新千歳空港の商業施設が11月1日、約2カ月ぶりに全面復旧した。国内線ターミナルビル内の新千歳空港温泉とエアターミナルホテルが営業を再開。全施設の復旧完了まで当初約4カ月と見込まれていたが、迅速な作業によって北海道の空の玄関口は見込みより約2カ月早く機能を取り戻した。

 新千歳では今回の地震で千歳市内最大の震度6弱を観測。旅客ビルは壁や天井の崩落、スプリンクラーの破損による漏水といった被害に見舞われ、道内の一斉停電(ブラックアウト)も相まって9月6日の発災日は全館閉鎖し、全便欠航となった。13日に国内線ビル2階の物販店が再開したのを皮切りに飲食店なども順次開店。温泉とホテルが残っていた。

 食器の破損や漏水の起きた新千歳空港温泉は10月6日、床板の張り替えなど復旧作業の終えた約140席の食堂とエステ、マッサージ区画で先行営業。11月1日に残る大浴場と岩盤浴施設、客室、約280席のリラックスルームを再開した。

 壁紙が剥がれたりテレビが倒れたりしたエアターミナルホテルは同日、全188室で営業を開始。運営する碧雲堂ホテル&リゾートによると、年内の予約率は前年同期比8~9割という。

 旅客ビルを管理、運営する新千歳空港ターミナルビルディングは「今後もお客さまの安全安心と多様なニーズに応える魅力的な空港を目指す」としている。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク