全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤十字救急法競技会で豊川の児童が優勝

 先月28日、静岡県で開かれた日本赤十字社静岡県支部主催の「第8回赤十字救急法競技会」で、ペア高校生以下の部・心肺蘇生競技で豊川市の大谷栞璃さん(一宮西部小5)と高井陽光(はる)君(国府小1)が優勝した。高校生ら約40チームが出場する中での栄冠で、小学生の優勝は大会史上初の快挙となった。  応急手当てなどの緊急時の対応を学んでもらう狙いで開催され、団体とペア、年代別に三角巾リレーなど全4種目に約80チーム260人が出場。NPO法人・防災塾ライフボートのジュニアとして大谷さんと高井君は唯一の小学生で挑んだ。  競技ではダミー人形を使い、2人で協力しながら胸骨圧迫と人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)を使った救護を実践。機敏な動きと的確な動きで進め、胸骨圧迫では大谷さんが圧迫のリズムを高井君に助言するなど、冷静さも発揮。女子高生から「かわいい」という声も上がっていた会場は、2人が披露する心肺蘇生にどよめきに変わっていった。  同法人は今年も12月16日に市総合体育館で体験型防災イベント「イザ!カエルキャラバン」を開催するなど、幅広い世代に防災知識を広める活動を展開。同じ年代の子を指導する大谷さんと高井君は、今大会に向けて平尾町のケアリゾートオリーブで練習に励んできた。  胸骨圧迫や気道確保といった「手技」の意義も理解する大谷さんは「楽しんでできた。うまくいったので、優勝以外はないと思った」と自信を深め、高井君は「楽しかった。優しくて尊敬している大谷さんと優勝できた」と笑顔。会場で掲げたプラカードには「子どもでも守れる命は守ります」という言葉を記した。  父を難病で亡くした大谷さんは「いろんな人を助ける仕事をしたい」と看護師を志す。高井君との黄金コンビで、来年は連覇を目指す。

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク