全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤十字救急法競技会で豊川の児童が優勝

 先月28日、静岡県で開かれた日本赤十字社静岡県支部主催の「第8回赤十字救急法競技会」で、ペア高校生以下の部・心肺蘇生競技で豊川市の大谷栞璃さん(一宮西部小5)と高井陽光(はる)君(国府小1)が優勝した。高校生ら約40チームが出場する中での栄冠で、小学生の優勝は大会史上初の快挙となった。  応急手当てなどの緊急時の対応を学んでもらう狙いで開催され、団体とペア、年代別に三角巾リレーなど全4種目に約80チーム260人が出場。NPO法人・防災塾ライフボートのジュニアとして大谷さんと高井君は唯一の小学生で挑んだ。  競技ではダミー人形を使い、2人で協力しながら胸骨圧迫と人工呼吸、AED(自動体外式除細動器)を使った救護を実践。機敏な動きと的確な動きで進め、胸骨圧迫では大谷さんが圧迫のリズムを高井君に助言するなど、冷静さも発揮。女子高生から「かわいい」という声も上がっていた会場は、2人が披露する心肺蘇生にどよめきに変わっていった。  同法人は今年も12月16日に市総合体育館で体験型防災イベント「イザ!カエルキャラバン」を開催するなど、幅広い世代に防災知識を広める活動を展開。同じ年代の子を指導する大谷さんと高井君は、今大会に向けて平尾町のケアリゾートオリーブで練習に励んできた。  胸骨圧迫や気道確保といった「手技」の意義も理解する大谷さんは「楽しんでできた。うまくいったので、優勝以外はないと思った」と自信を深め、高井君は「楽しかった。優しくて尊敬している大谷さんと優勝できた」と笑顔。会場で掲げたプラカードには「子どもでも守れる命は守ります」という言葉を記した。  父を難病で亡くした大谷さんは「いろんな人を助ける仕事をしたい」と看護師を志す。高井君との黄金コンビで、来年は連覇を目指す。

関連記事

田島さんの門出祝う 比川小で一人の卒業式

 【与那国】与那国、久部良、比川3小学校の卒業式が20日、各校で行われ、合わせて21人が学びやを巣立った。  このうち比川小学校(與島康仁校長、児童数9人)の卒業式は午前10時から同校体育館で行わ...

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク