全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇宙事業 大樹「地の利」 堀江氏が札幌で講演

「北海道や大樹町はロケット産業の適地」と話す堀江さん

 宇宙産業振興における北海道の優位性などを紹介する宇宙セミナー「宇宙で変わる北海道の未来」が7日、札幌市内で開かれた。大樹町でロケット開発を行うインターステラテクノロジズ(IST)の創設者、堀江貴文氏が大樹の地の利を強調、「ロケット産業を北海道の主力産業に」と訴えた。

 北海道経済連合会(道経連)の主催で、道商工会議所連合会など道内経済7団体の会員約650人が参加した。

 堀江氏は「北海道における宇宙産業開発~未来の夢を語ろうじゃないか~」と題して講演。大樹町でロケットを打ち上げるメリットについて「東と南が太平洋で空いているのは世界的にも希少。国内の他の場所に比べ空路も混雑しておらず、漁場も期間が短め。こうした地の利はすごく大切なこと」と話した。

 今春にもISTが打ち上げを予定する観測ロケットMOMO2号機が成功すれば、周辺に関連企業などのサプライチェーン(供給網)ができ、一気に巨大産業の集積地となる可能性を強調した。また、「ロケット産業が北海道の主力産業になってほしいと思っている。夢があるとポジティブになれる。事業そのものや経済効果はもちろん、そうした心理的効果も含めて、ぜひ応援してほしい」と呼び掛けた。

 講演に先立ち、道経連の高橋賢友会長は「十勝地方で人工衛星やGPS(全地球測位システム)を活用した農作物の生産管理なども進められており、北海道は民間による宇宙事業の先進地。大樹町のロケット射場誘致に向けた整備でも、引き続き後押ししていきたい」とあいさつした。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク