全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

落ちアユ狙い「火振り漁」

夜にたいまつの火でアユを網に追い込む「火振り漁」

 和歌山県古座川町の古座川で「火振り漁」が行われている。夜に舟上からたいまつを振り、産卵のため川を下る「落ちアユ」を網に追い込む漁法で、漁期は9月20日~12月31日。  明治時代に山口県から出稼ぎに来た林業家が地元の人に教え、大正時代に町全域に広がった漁法という。舟をこぐ人と火を振る人の2人一組で行う。現在、古座川流域で続けているのは6組ほど。  同町高瀬の古座川では杉尾行久さん(43)と親戚の杉尾延弥さん(62)が、日が沈んだ午後6時ごろから漁を始め、行久さんの父、明重さん(70)が見守った。川に仕掛けた3枚の網にアユを追い込み、1時間ほどで20センチを超えるアユなど約100匹を取った。  行久さんによると、今年は大雨で川の水が多かったため、漁を始めたのは10月中旬から。「今年はあかん。小さいのが多い。大きいのは大水で流れてしまったのでは」と話した。雨が降って川が濁ると川底まで火が届かないため漁ができない。曇りの日が漁に適しているという。  この漁を約50年続けてきた明重さんは「昔はわらで巻いたスギの葉に火を付けていたが、今は灯油を湿らせた布を籠に入れて振っている。取れるアユの数はだいぶ減った。20年ぐらい前までは300匹入った日もあった」と話した。

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク