全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

落ちアユ狙い「火振り漁」

夜にたいまつの火でアユを網に追い込む「火振り漁」

 和歌山県古座川町の古座川で「火振り漁」が行われている。夜に舟上からたいまつを振り、産卵のため川を下る「落ちアユ」を網に追い込む漁法で、漁期は9月20日~12月31日。  明治時代に山口県から出稼ぎに来た林業家が地元の人に教え、大正時代に町全域に広がった漁法という。舟をこぐ人と火を振る人の2人一組で行う。現在、古座川流域で続けているのは6組ほど。  同町高瀬の古座川では杉尾行久さん(43)と親戚の杉尾延弥さん(62)が、日が沈んだ午後6時ごろから漁を始め、行久さんの父、明重さん(70)が見守った。川に仕掛けた3枚の網にアユを追い込み、1時間ほどで20センチを超えるアユなど約100匹を取った。  行久さんによると、今年は大雨で川の水が多かったため、漁を始めたのは10月中旬から。「今年はあかん。小さいのが多い。大きいのは大水で流れてしまったのでは」と話した。雨が降って川が濁ると川底まで火が届かないため漁ができない。曇りの日が漁に適しているという。  この漁を約50年続けてきた明重さんは「昔はわらで巻いたスギの葉に火を付けていたが、今は灯油を湿らせた布を籠に入れて振っている。取れるアユの数はだいぶ減った。20年ぐらい前までは300匹入った日もあった」と話した。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク