全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

落ちアユ狙い「火振り漁」

夜にたいまつの火でアユを網に追い込む「火振り漁」

 和歌山県古座川町の古座川で「火振り漁」が行われている。夜に舟上からたいまつを振り、産卵のため川を下る「落ちアユ」を網に追い込む漁法で、漁期は9月20日~12月31日。  明治時代に山口県から出稼ぎに来た林業家が地元の人に教え、大正時代に町全域に広がった漁法という。舟をこぐ人と火を振る人の2人一組で行う。現在、古座川流域で続けているのは6組ほど。  同町高瀬の古座川では杉尾行久さん(43)と親戚の杉尾延弥さん(62)が、日が沈んだ午後6時ごろから漁を始め、行久さんの父、明重さん(70)が見守った。川に仕掛けた3枚の網にアユを追い込み、1時間ほどで20センチを超えるアユなど約100匹を取った。  行久さんによると、今年は大雨で川の水が多かったため、漁を始めたのは10月中旬から。「今年はあかん。小さいのが多い。大きいのは大水で流れてしまったのでは」と話した。雨が降って川が濁ると川底まで火が届かないため漁ができない。曇りの日が漁に適しているという。  この漁を約50年続けてきた明重さんは「昔はわらで巻いたスギの葉に火を付けていたが、今は灯油を湿らせた布を籠に入れて振っている。取れるアユの数はだいぶ減った。20年ぐらい前までは300匹入った日もあった」と話した。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク