全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

落ちアユ狙い「火振り漁」

夜にたいまつの火でアユを網に追い込む「火振り漁」

 和歌山県古座川町の古座川で「火振り漁」が行われている。夜に舟上からたいまつを振り、産卵のため川を下る「落ちアユ」を網に追い込む漁法で、漁期は9月20日~12月31日。  明治時代に山口県から出稼ぎに来た林業家が地元の人に教え、大正時代に町全域に広がった漁法という。舟をこぐ人と火を振る人の2人一組で行う。現在、古座川流域で続けているのは6組ほど。  同町高瀬の古座川では杉尾行久さん(43)と親戚の杉尾延弥さん(62)が、日が沈んだ午後6時ごろから漁を始め、行久さんの父、明重さん(70)が見守った。川に仕掛けた3枚の網にアユを追い込み、1時間ほどで20センチを超えるアユなど約100匹を取った。  行久さんによると、今年は大雨で川の水が多かったため、漁を始めたのは10月中旬から。「今年はあかん。小さいのが多い。大きいのは大水で流れてしまったのでは」と話した。雨が降って川が濁ると川底まで火が届かないため漁ができない。曇りの日が漁に適しているという。  この漁を約50年続けてきた明重さんは「昔はわらで巻いたスギの葉に火を付けていたが、今は灯油を湿らせた布を籠に入れて振っている。取れるアユの数はだいぶ減った。20年ぐらい前までは300匹入った日もあった」と話した。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク