全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

池田の十勝ワイン「GI北海道」認定銘柄に

ラベルの上に統一ロゴマークが貼られた「清舞2016」

 北海道大学や道立総合研究機構などでつくる「地理的表示『北海道』使用管理委員会」(品田裕二委員長、事務局小樽市)は29日、国税庁による酒類の地理的表示(GI)に基づき、ラベルに『北海道』と表示できるGIワインの第1号として十勝ワインの赤ワイン「清舞2016」など道内10社98銘柄を認定した。30日から統一ロゴマーク「GI Hokkaido」を入れて販売している。

 『北海道』はGIに基づくワイン産地として『山梨県』に続いて6月に指定された。原料が道産ブドウ100%、道内で醸造、貯蔵、容器詰めされているなどの条件を満たし、申請があったワインについて同使用管理委が理化学分析や官能検査を実施した。

 GIワインに認定されたのは赤ワイン47銘柄、白ワイン44銘柄、ロゼワイン7銘柄。このうち十勝ワイン分は、赤13銘柄、白8銘柄、ロゼ4銘柄。GIワインは、ラベルや箱に『北海道』と表示できるほか、ワイングラスと北海道の形を組み合わせた統一ロゴマークが使える。来月末には第2号認定が発表予定。

 十勝ワインの町ブドウ・ブドウ酒研究所の安井美裕所長は「『北海道』がワイン産地として保護、認知されることで十勝のブランド価値の向上にもつながる」と話している。

 30日午前、同研究所では、ワイン城1階の売店で売られているGIワインに直径約2センチの統一ロゴマークのシールを貼り付け、販売を始めた。統一ロゴマークは今後、ラベルに直接印刷する予定。

<酒類(ぶどう酒)のGI>
 国税庁長官が指定。産地名『北海道』の適切な使用、産地名『北海道』が有するブランド価値の保護を目的に地理的表示『北海道』使用管理委員会が審査、認定する。GIワインは「上質ワインの証し」となる。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク