全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

若者集うコミュニティ

若者のコミュニティ作りに奔走する今井さん(右)とゲストの前田さん=表浜海岸で

 大学生と高校生のコミュニティをつくろうと、豊橋技術科学大学電気・電子情報工学課程3年の今井裕太さん(21)=豊橋市=がイベントの企画運営を手がける「SFIDINK(スフィディンク)」を起業する。社名にもなる「挑戦の繋(つな)がり」を生むため、第1弾として今月24日(1泊2日)に豊橋市東七根町のグランピング施設で高校生と大学生だけのキャンプを開催する。「海外でインターン経験がある大学生の体験談を聞くことで、刺激を受けてほしい」と参加を呼び掛けている。  兵庫県姫路市出身の今井さんは、大学進学で来豊。豊橋市に若者が集うコミュニティがない一方で、若者との接点を持ちたい企業も多く、若者と企業のマッチングや、太平洋沿岸の表浜海岸を生かした人が集まるイベントの開催、2020年の東京五輪へ向けた観光誘致プロモーションムービー制作などを考えている。  キャンプでは、今井さんが大学を休学し、今年2月まで半年間滞在したミャンマーの日系IT企業でインターンとして新規事業の立ち上げに奔走した経験を披露するほか、同大4年の前田奨平さん(23)=福井県出身=がオーストリアのサッカークラブ「SVホルン」とIT企業「インテル」でのインターン経験を語り、参加者全員でディスカッションもする。  「何かに挑戦するにはお金がかかる。でも、若い芽を摘み取るのではなく、気軽にチャレンジできる場を提供したい」と学生の参加費は無料。参加条件は、豊橋市や周辺地域に住む高校生と大学生で先着20人。  今井さんは「20人の若者の中から1人でも挑戦するきっかけをイベントでつかんでほしい。数年先を見据えた若い世代への支援をお願いします」と話す。現在、運営費を協賛やクラウドファンディングで募っている。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク