全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

三遠南信サミット分科会

 豊橋市内で29日に開かれた三遠南信サミット。参加者が「道」「技」「風土」「住・人」の4分科会に分かれ、第2次三遠南信地域連携ビジョン(新ビジョン)案に掲げた重点プロジェクトなどについて、行政や経済、住民の代表らが意見を交わした。主な分科会を紹介する。

「道」の分科会  豊橋市の藤原孝夫議長が、計画が打ち出されている浜松三ヶ日・豊橋道路と、整備中の三遠南信自動車道を含め「三遠南信地域の新たな縦軸(南北道)になる。圏域の新産業創出、一体感の醸成につながる」と意義を強調。長野県飯田市の清水勇議長も「三河港とつながれば、地域産業の強化になる」と新たな南北軸の実現に期待した。  長野県阿南町の勝野一成町長は、道路整備が進んだことの利点を紹介。「国道151号が整備されたおかげで、下宿せず高校に通学できるようになった。農産物は浜松まで出荷できるようになり、道の駅の来訪者も増加した」などの効果を挙げた上で「道路整備は経済、文化の発展に不可欠」と話した。  圏域の一体感の醸成としても、静岡県湖西市の影山剛士市長は台風24号による停電、交通渋滞を挙げ「国道1号など東西の道路が滞った。南信州からの部品の供給もあり、南北道の重要性が改めて分かった」と述べた。

「風土」の分科会  三遠南信地域の伝統芸能や食、JR飯田線などを観光客誘致にどう生かしていくのか、各市町村の首長や商工会議所関係者らが意見を交わした。  JR飯田線の価値を強調する意見が相次いだ。豊橋商工会議所の神野吾郎会頭は、三遠南信地域のシンボリック的な存在として提案。浜松・浜名湖ツーリズムビューローの前田忍事業本部長は「潜在的価値がある。地域の強みを分析していく中で、公共交通機関の在り方を議論していくべき」と話した。  また、観光戦略の中で食を資源として捉える意見も出た。奥三河など山間地域の郷土食「五平餅」がNHKの朝の連続ドラマで注目されたことから、人気を集めており、「食文化が持つストーリーを合わせてPRし、観光客誘致につながることを期待している」と設楽町の横山光明町長。神野会頭も「豊富な農畜産物を生かし、スペインのサンセバスチャンやイタリアのボローニャのように食をテーマに徹底的にやったら面白い」などと提案した。  一方で、各地域に点在する観光資源を線で結ぶ取り組みの必要性が浮き彫りとなった。美しい星空で村おこしをする長野県阿智村の熊谷秀樹村長からは「2泊3日かけ周遊してもらえる地域になるため、民間の力を借りて、全国発信に取り組まなければならない」と課題を指摘した。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク