全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

富岡市へ「シルクおんべ」 岡谷市が24日寄贈

13日まで岡谷蚕糸博物館に展示されているシルクおんべ

 岡谷市は、姉妹都市の群馬県富岡市に市庁舎落成記念として、「シルクおんべ」を寄贈する。将来にわたり両市の友好と発展に願いを込めて、おんべの房に使った繭糸は岡谷産繭と富岡産繭を半分ずつ使用。24日の記念式典での寄贈を前に市民にも素晴らしいシルクおんべを見てもらおうと、13日まで岡谷蚕糸博物館ロビーに展示している。

 シルクおんべは、同市長地小萩の蚕糸機械メーカー・ハラダが製作。同社では1998年の御柱祭から、桑の葉だけを食べる蚕が生み出した汚れなき糸に、神霊が宿って悪を払う│縁起物として、シルクおんべを製作している。市では、「富岡市とはシルクを縁に深い結びつきがあり、おんべは御柱祭という諏訪地域の文化を象徴するもの」(秘書広報課)として寄贈品に決めた。

 寄贈するシルクおんべは高さ110センチ、房の広がり幅は40センチ。同社の原田尹文会長によると、岡谷産50%、富岡産50%の乾燥繭8キロを混繰し、繭糸1.2キロを使用した。おんべの房はすべて1本1本の繭糸。繰糸はおんべの風合いを出すため、一つの繭から1本の糸を取り、糸の純白の維持に必要なセリシン(糸を覆う粘着質のたんぱく質)を残すため、繭糸が固着しないように速乾させる同社の独自技術で製作した。おんべを納めたケースは同市長地源の林木工が製作した。

 原田会長が「これだけの大きさのシルクおんべの製作は初めて、繭糸のまだらと固着に注意する繰糸方法を守り、時間をかけて作った結果、絹独特の光沢、純白、風合いを兼ね備えた素晴らしい製品ができた」という自信作。市では、「岡谷と富岡がシルクおんべを通じて心を一つに合わせ、両市の発展に願いを込めた友好の証しとして贈りたい」としている。

関連記事

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

荘内日報社

幽玄な舞がファン魅了

 酒田市松山地域に伝わる松山能(県指定無形民俗文化財)が20日夕、同地域の本町皇大神社(宮本正芳宮司)の神明神社能楽堂で奉納上演され、幽玄な舞が訪れた能楽ファンを魅了した。  松山能は350年以上の歴...

紀伊民報社

釣り銭取り忘れ注意 窃盗相次ぐ

 和歌山県警田辺署は、管内のセルフ給油所に、釣り銭の取り忘れや窃盗への注意を促すチラシを掲示している。管内では近年、給油所を利用した人の取り忘れた釣り銭が盗まれる被害が相次いでいて、今年はすでに...

宇部日報社

病院の職員の子どもたちが職場訪問

 セントヒル病院(西嶋雋嘉院長)で20日、看護師などとして働く職員の子どもたちを招いた職場見学が行われた。参加した小学生30人は白衣に袖を通して院内を見学。親が働く姿も目にし、夜勤などもある仕事...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク