全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

富岡市へ「シルクおんべ」 岡谷市が24日寄贈

13日まで岡谷蚕糸博物館に展示されているシルクおんべ

 岡谷市は、姉妹都市の群馬県富岡市に市庁舎落成記念として、「シルクおんべ」を寄贈する。将来にわたり両市の友好と発展に願いを込めて、おんべの房に使った繭糸は岡谷産繭と富岡産繭を半分ずつ使用。24日の記念式典での寄贈を前に市民にも素晴らしいシルクおんべを見てもらおうと、13日まで岡谷蚕糸博物館ロビーに展示している。

 シルクおんべは、同市長地小萩の蚕糸機械メーカー・ハラダが製作。同社では1998年の御柱祭から、桑の葉だけを食べる蚕が生み出した汚れなき糸に、神霊が宿って悪を払う│縁起物として、シルクおんべを製作している。市では、「富岡市とはシルクを縁に深い結びつきがあり、おんべは御柱祭という諏訪地域の文化を象徴するもの」(秘書広報課)として寄贈品に決めた。

 寄贈するシルクおんべは高さ110センチ、房の広がり幅は40センチ。同社の原田尹文会長によると、岡谷産50%、富岡産50%の乾燥繭8キロを混繰し、繭糸1.2キロを使用した。おんべの房はすべて1本1本の繭糸。繰糸はおんべの風合いを出すため、一つの繭から1本の糸を取り、糸の純白の維持に必要なセリシン(糸を覆う粘着質のたんぱく質)を残すため、繭糸が固着しないように速乾させる同社の独自技術で製作した。おんべを納めたケースは同市長地源の林木工が製作した。

 原田会長が「これだけの大きさのシルクおんべの製作は初めて、繭糸のまだらと固着に注意する繰糸方法を守り、時間をかけて作った結果、絹独特の光沢、純白、風合いを兼ね備えた素晴らしい製品ができた」という自信作。市では、「岡谷と富岡がシルクおんべを通じて心を一つに合わせ、両市の発展に願いを込めた友好の証しとして贈りたい」としている。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク