全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

4836人帯広駆ける フードバレーとかちマラソン

号砲とともに市内中心部を一斉にスタートするランナー

 道内の今シーズン最後となる公認マラソン大会「2018フードバレーとかちマラソン」(実行委員会主催、十勝毎日新聞社など共催)が28日午前、帯広市内を舞台に行われた。7回目となる今回は管内外から4836人が出場。ハーフ総合男子は1時間5分32秒で自身が持つ大会記録を2年ぶりに更新した遠藤靖士さん(30)=札幌市=が2年ぶりに制した。管内トップは1時間8分35秒で2位の福島弦太さん(34)=帯広市。同女子は1時間21分3秒で三橋理恵さん(39)=帯広市=が優勝。地元勢の優勝は3年ぶり。

 前日に雨をもたらした寒冷前線が通過し、28日の十勝地方はすがすがしい十勝晴れとなった。男女合わせて2642人が出場したハーフスタートの午前9時の帯広の気温は10.6度。藤丸前を出発して白樺通やアルバータ通などを走り、帯広の森で折り返し、ゴールの中央公園を目指した。

 5キロは同9時15分、2.5キロは同9時25分、親子ファミリーは同9時半にそれぞれスタート。紅葉となった秋色の市内を駆け抜けた。

 大会を支えるボランティアは約720人が集まった。沿道にはスポーツドリンクなどを提供する給水所が設置されたほか、応援の市民らが大勢集まり声援を送った。

 ハーフ総合男子で優勝した遠藤さんは「秋晴れで気持ち良く走れた。狙っていた大会新を更新できてうれしい。来年も連覇を目指して頑張ります」と力強く語った。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク