全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

咲き誇る菊まつり 31日まで 味覚の秋も… 帯広

色とりどりの菊が飾られ、にぎわいを見せる菊まつり会場

 第49回おびひろ菊まつり(帯広のまつり推進委員会主催、帯広菊花同好会共催)が27日午前9時、帯広市内のとかちプラザで始まった。赤、白、黄色を基調とした大小さまざまな菊約3000鉢が来場者の目を楽しませる。31日まで。

 同10時から行われた開会式では、推進委会長の米沢則寿帯広市長が「丹精込めて作られた菊の魅力はもちろん、イベントや食でもまつりを満喫してほしい」とあいさつ。米沢市長や三井真十勝総合振興局長ら13人が、オープニングセレモニーのテープカットに臨み、開幕を祝った。

 祖母と母と親子3代で会場を訪れた翔陽中3年の女子生徒は「ハロウィーンをテーマにした総合花壇がかわいくて、写真を撮った」と話していた。

 開催時間は午前9時~午後5時(最終日は午後4時)まで。

関連記事

長野日報社

小平選手お手本に 宮田村でトレーニング体験教室

長野県宮田村は23日、スピードスケート選手で、平昌五輪で金、銀メダルを獲得した茅野市出身の小平奈緒選手(相沢病院、伊那西高―信大出)と、バンクーバー五輪に出場した同村中越出身の新谷(現姓・神津)志保...

セイシカの花を愛でる 市文化協会歌謡部会

 バンナ公園の活用を広めようと、石垣市文化協会歌謡部会(安里隆部会長、会員20人)は21日夕、同園南口の広場「セイシカの花園」で初めて花見会を開き、会員など約20人が、幻の花と言われる同花や春の八重山...

紀伊民報社

「和」の催しで街中活性化  田辺市「ときわ通り」

 和歌山県田辺市新屋敷町の「ときわ通り」で17日、「和」をテーマにした催し「ときわ通りひなまつり第二巻」(田辺まちなか春祭り実行委員会主催)があり、和服姿の人たちや親子連れらでにぎわった。  街...

初心者が三線学ぶ 石垣青少年の家

 三線に慣れ親しんでもらおうと、県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は17日午前、初心者三線教室を開始した。石垣市内から11人が参加、三線の持ち方から始め、全3回の日程を通して「新安里屋ユンタ」の演奏...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク