全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

ペリカンのカッタ君、メモリアル展始まる

写真パネルを見ながら、カッタ君の活躍を子に伝える父親(27日午前10時半、モンスタで)

 山口県宇部市常盤公園で育ち、市民のアイドルとして愛された雄のモモイロペリカン・カッタ君が天国に旅立って10年。節目のメモリアル展が27日から、ときわ動物園の体験学習館モンスタで始まった。カッタ君の23年間を写真パネルや新聞記事で振り返り、市民が寄せた思い出メッセージなどを展示している。11月11日まで。カッタ君は1985年7月8日、日本初の人工ふ化によって同公園で誕生。名前は、故郷インドのカルカッタ(現コルカタ)にちなんで付けられた。飼育員によって育てられ、人懐っこい性格に成長すると、しばしば近くの幼稚園や学校、海岸に飛んでいくようになった。園児たちの歌に合わせて踊るように体を動かす姿が報道されて全国的な人気者となり、宇部市や常盤公園を有名にした。しかし、2008年7月16日、同公園のペリカン島で息を引き取っているのが見つかった。23歳で、人間でいえば40歳すぎという若さで惜しまれた。会場では、人工ふ化で成長していった様子、幼稚園に飛んでいって子どもたちと楽しく過ごす姿、子育てに専念するイクメンぶりを写真パネルで紹介。家系図では、7羽の子と2羽の孫がいるうち、子と孫1羽ずつが日本平動物園(静岡市)で暮らしているのを伝えている。宮下実園長は「多くの人々に愛され、一方で子煩悩で子孫もしっかり残したカッタ君。人の心の中でも、ペリカンとしても立派に生きた、まれな一羽だったと改めて感じる。ペリカンの放し飼いを再び望む声があるが、鳥インフルエンザの懸念など、カッタ君が活躍した約30年前とは違う状況があるので、それは難しい」と話している。

関連記事

宇部日報社

山口大学生があさひ製菓とコラボ商品

 山口大の学生があさひ製菓(柳井市)とのコラボレーション商品「スイートマカロンタルト」を開発し、17日に販売を開始した。2月16日までの1カ月間、同社が展開する県内のシュシュ3店舗で取り扱う。 ...

「甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高のあんパン 鈴木知事も絶賛

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

人間国宝2氏が至極の芸 大和、琉球、八重山の芸能競演 太鼓公演

 「『琉球古典芸能~能楽』八重山に集う」(同実行委員会主催)が17日夜、石垣市民会館大ホールであり、国の重要無形文化財保持者(人間国宝)「組踊音楽太鼓」の比嘉聰氏、「能囃子方小鼓」の大倉源次郎...

長野日報社

平穏願い恵方に矢 諏訪市山之神社で山の神祭

 諏訪市双葉ケ丘の山之神社で17日、山の神祭が行われた。同神社の不動尊を管理する地元の南沢町、北沢区から約30人が参列。今年の恵方の西南西に向けて矢を放ち、区民の安全や区内の平穏を願った。  江...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク