全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「いきいき百歳体操」交流促進へ

グループワークで活動の悩みや課題などを共有した

 高齢者向けの筋力アップトレーニング「いきいき百歳体操」を通して地域交流を図る取り組みが鶴岡市で進んでいる。市長寿介護課が推進し2015年度から始まった事業で、現在の実施団体は48団体。町内会などの単位で住民が主体となって行われている。実施主体の代表者らが集まった情報交換会が6日、同市の出羽庄内国際村であり、高齢者の「通いの場」として継続・発展させていくアイデアを探った。

 同体操は、映像に合わせて簡単な運動を行う筋力運動。高知市が02年に開発し、介護予防に効果があるとして、全国の自治体で広がりを見せる。鶴岡市では出前講座を企画し、受け入れ団体を募集してスタート。初年度は7団体から本年度は48団体計200人ほどが取り組む。市が実施したアンケートによると、身体機能のみならず、交流の場として精神面でもプラスになっている。一方、体操以外での内容の工夫、新規参加者の募集などの悩みを抱える実施団体も出てきているという。

 情報交換会は各実施団体の代表者ら計約110人が参加。東北公益文科大地域福祉コースの鎌田剛准教授が「いきいき百歳体操における地域づくりの性質を高める」をテーマに情報提供したほか、代表3団体の活動発表や、グループに分かれて意見交換が行われた。

 グループワークの発表を受けて鎌田准教授は、活動のステージを1段階高めるヒントとして「ユニホームなどおそろいのグッズをそろえる」「参加費を集めて継続性につなげる」「写真などで活動記録を残す」などを挙げた。

関連記事

アプリ使い曲作りに挑戦

豊橋で小中学生  「目指せ!令和の古関裕而」と題した子ども向け作曲体験会が8日、豊橋市西幸町の豊橋サイエンスコアであった。NHK連続テレビ小説「エール」にちなんで市が企画。子どもたちは音楽...

荘内日報社

レジ袋削減へ「あずま袋」製作

 昨年度の日本政策金融公庫主催「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、上位100件のアイデアに贈られる「ベスト100」に選ばれた酒田市の酒田光陵高校ビジネス流通科3年の佐藤海月(みつき)さん(17)のプラン...

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から...

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク