全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

立川小4年生 北楯大堰を見学、歴史学ぶ

 庄内町立立川小学校の4年生が25日、町内の楯山公園や青鞍の淵(ふち)など北楯大堰に関する場所を見学し、歴史を学んだ。

 社会の学習の一環で古里について理解を深めようと実施。「北楯大堰を訪ねて」と題し、前町教育長の池田定志さんを講師に、24日は学校で授業を、25日は現地学習を行った。

 25日は4年生34人が参加。学校をスタートし、楯山公園、取水口付近、殉難十六夫慰霊塔、青鞍の淵をめぐり、北楯大堰築造の苦難の歴史を学んだ。池田さんは「1日約7400人が働いて約150日かけて完成させた。秋田からも工事のために人が来たといわれている」などと説明。児童たちはノートにメモを取りながら熱心に聴いていた。

 小柳遥斗君(10)は「北楯大堰ができるまでの苦労を知って感動した。昔の人の努力の結晶として大切にして後世に伝えなければと思った」と話していた。

 北楯大堰は1612(慶長17)年、最上義光の重臣で狩川城主の北館大学助利長公が10年にわたる新田開発調査を経て立谷沢川からのかんがいを促進するために建設された。それが、米どころ庄内の礎となり、水路は今日も庄内平野の水田を潤している。

 今年8月、県内で初めて「世界かんがい施設遺産」に登録された。

児童たちが北楯大堰築造の歴史を学んだ=25日

関連記事

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク