全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

古座川平井でユズ初搾り 爽やかな香り漂う

機械で次々と搾られていくユズ(25日、古座川町平井で)

 和歌山県内で最もユズの生産量が多い古座川町で25日、加工用に使うユズの初搾りがあった。今年は収穫量が多い「表年」だったことから、昨年より約50トン多い約130トンを買い取って加工などに使うことを見込んでいる。加工作業は11月末まで続く。

 古座川流域では、約70戸の農家が約14ヘクタールの畑でユズを栽培しており、同町平井の農事組合法人「古座川ゆず平井の里」(羽山勤代表理事、95人)が買い取って加工販売している。今年はジュースやポン酢、ドレッシングなどに加工する果汁用に約120トン、ユズ茶やマーマレード、つくだ煮の香り付けなどに使う生果用に約10トンを使うことを見込んでいる。  組合の出荷場であった初搾りでは、作業員がユズを機械に入れ、次々と搾っていった。この日は2・8トンのユズから約500リットルを搾った。  羽山代表理事(70)によると、今年は夏に暑い日が続いた後、雨も続いたため例年の「表年」より収穫量は少ないという。台風の強風で傷ついた実が目立ったことから、収穫、出荷共に約1週間早めた。「今年の実は少し小ぶりだが、品質は良い」と話した。  寒暖差が激しい土地で栽培されている同町のユズは、香りの良さが特長。昨年の組合の売り上げは約1億2千万円だった。このほど開発した新商品「すし酢」(300ミリリットル、税込み700円)は、近隣のスーパーマーケットやインターネットなどで販売している。  羽山代表理事は「古座川のユズは香りが自慢で、収穫したら、しただけ売れる。高齢化で生産者が減っているので、何とか後継者を育てていきたい」と話していた。

関連記事

長野日報社

長野県伊那市産ヤマブドウワイン 上々の味「山紫」発売

 長野県伊那市が特産化を進めるヤマブドウ「信大W―3」を使ったワイン「山紫」の販売が23日から、市内を中心に南信地方の酒販店で始まった。昨秋収獲した果実は質、量ともに良好で、今季は過去最多の143...

“スタミナギフト”「肉丼」開発 帯広物産協会と東洋食肉販売

  帯広物産協会(小倉豊会長)が、新商品として豚肉や鶏肉、ハンバーグなどを詰め合わせたギフトセット「十勝の彩スタミナNIKUDON(肉丼)」を開発し、販売している。  「NIKUDON」は帯...

旭山学園自慢の十割そば 清水に17日そば店開店

 清水町内の社会福祉法人清水旭山学園(鳴海孟理事長)が運営する多機能型事業所「旭山農志塾」は、町南4ノ9の国道274号沿いで、そば店「石臼挽き十割そば農志塾」を17日にオープンする。そばの提供の他...

長野日報社

「豊かな香り堪能して」 信州大学農学部でワイン販売

 信州大学農学部(南箕輪村)は14日、学生が昨年秋の実習で収穫したリンゴとブドウを使った2種類のワインの販売を構内の生産物販売所で開始した。ふじを使った「濃厚リンゴワイン」と白ブドウの「ナイアガ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク