全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

消えた「平成」 カレンダー商戦十勝でも本格化

「平成」の文字が消えた2019年用カレンダー。「即位の日」の5月1日は平日扱いとなっている(藤商会)

 2019年用のカレンダーと手帳商戦が十勝管内でも本格化している。天皇陛下の退位に伴い、ほとんどの商品から「平成」の文字が消えたのが特徴。関係者は元号改正を機に、カレンダーや手帳への関心が高まることを期待している。

 来年4月30日の天皇退位と翌5月1日の新天皇即位に伴い、平成から新元号に変わる。このため、多くのカレンダーは西暦のみの表記となった。また、政府は5月1日を祝日とし、4月27日からの10連休を検討しているが、当然カレンダーは対応できていない。現状で5月1日は「即位の日」と記されているだけで、平日扱いになっている。

 顧客に配布する企業用カレンダーを扱う藤商会(帯広、藤川俊夫社長)によると、政府の判断をぎりぎりまで見極めるため、メーカー各社のカレンダー見本が届いたのは例年より4カ月以上遅い9月だった。

 300種類以上ある商品の中で、文字だけのシンプルな「文字月表」が注文の約7割を占める。藤川社長は「元号のないカレンダーばかりというのは初めての経験」。胆振東部地震などが企業業績に影響したためか、需要は前年より微減している。

 藤丸はアート色の強いカレンダーを中心に約100種類。来年のえと・イノシシのイラスト入り商品もあるが、人気は「猫川柳」(税別1250円=以下、価格は全て税別)。愛らしい猫の写真とともに「猫だって 頼り頼られ 生きてゆく」などの川柳が添えられている。

 尾形光琳や横山大観などの日本画を忠実に再現した商品(2500円)も注目を集める。子供家庭用品課の中橋一平係長は「インテリアとして部屋のアクセントになる」と話す。

 スマートフォンで日程を管理する人が増えているが、手帳の需要は依然高い。岡書帯広イーストモール店は約600種類の手帳が並ぶ。デザイン性と実用性を両立した「ロルバーン」(750円から)が人気で、イチゴやバナナを表紙にした商品が目を引く。メモ欄が豊富なノートタイプやキャラクター入り手帳も売れている。

 文具スタッフの大場裕子さんは「手帳は自分で作る楽しみがあり、使い終わっても1年を見直すことができる」と需要の高さを説明する。カレンダーは卓上タイプ(500円から)が人気で、イヌやネコなど既に売り切れた商品もある。

 関係者によると、商戦のピークはカレンダーが11月下旬~12月上旬、手帳は10~12月。

関連記事

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

荘内日報社

相馬樓で台湾テレビ局撮影 東北地方の見どころ紹介の番組制作

 台湾のテレビ局「非凡新聞」(台北市)の撮影クルーが16日午後、東北地方の見どころを紹介する番組制作のため、酒田市の「舞娘茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)を訪れ、撮影を行った。ク...

宇部日報社

伝統工芸品の赤間硯の授業

 藤山小(生田光徳校長)で16日、宇部市の伝統工芸品・赤間硯(すずり)の特別授業があった。4年生94人が実際に墨をすって書き心地を確かめ、制作工程も学んだ。  講師は生産者の家族で、書家の日枝美...

個性豊かな550種 帯広の藤丸でミルク&チーズフェア

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2019」が17日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内を中心とした58社の乳製品・約550種類がそろい、初日から大勢の買い物客が詰めかけた。  道牛乳...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク