全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

寮歌を愛する会49曲高らかに

愛好者が青春時代に思いをはせながら寮歌などを熱唱(キャッスルホテル能代で)

 能代寮歌を愛する会(工藤茂宣会長)の秋の会は24日、能代市元町のキャッスルホテル能代で開かれ、地元会員のほか、関東や関西など全国各地の愛好者45人が参加して母校の寮歌など計49曲を声高らかに歌い、懐かしい青春に思いをはせながら旧交を温め合った。
 同会は寮歌祭を春と秋の年2回開催。工藤会長によると、かつては全国40カ所以上で寮歌祭が開催されていたが、愛好者の高齢化によって現在は半分以下にまで減少しているという。
 60回目を迎えたこの日は、能代山本の会員16人のほか、宮城県や東京都、千葉県、神奈川県、兵庫県、岡山県など県外から29人が参加した。
 開会式で、工藤会長は「今回初めて一高の方々による河童(かっぱ)踊の歌と実際の踊りが披露される。ゲスト、能代会員ともに心ゆくまで寮歌を歌ってお楽しみください」とあいさつした。
 続いて、同会に過去11回駆け付けた常連で今年2月に亡くなった東京都板橋区の木幡功さんを追悼した二高寮歌「散りにし花は」や、岡山市の嶋田浩さんによる歓迎寮歌「鳳陽寮歌 花なき山」(山口高商)、東京都久留米市の吉川章さん・静江さん夫妻の10回参加を記念する「藻の香に染みし」(富山高)などを歌った。
 また、能代高の「凱歌(がいか)」の原曲に当たるとされる一高の水泳部歌「狭霧はれゆく」や、「河童踊の歌」を熱唱するとともに、河童に扮(ふん)した衣装で踊りが披露されたほか、能代高の「戦わん哉」や「北羽に吠(ほ)ゆる」も歌われ、会場を盛り上げた。
 「河童踊の歌」の踊りを主導した東京都墨田区の島崎誠一さん(77)は「東京で歌い継がれた『狭霧はれゆく』が何らかの形で能代に伝わっていることに縁を感じる。踊りはぶっつけ本番だったが、盛り上がってくれて良かった」と笑顔を見せた。
 工藤会長は「病気や体力低下などで参加者が減り、今後のことを考えなければならない時期が来ているが、遠方から来てくれる方が多く熱い思いが感じられ、とてもありがたい」と話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク