全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人気の東三河モーニング街道

あすからスタンプラリースタート

 喫茶店サービス「モーニング」を提供している店舗などでつくる東三河モーニング街道研究会(中村誠孝会長)は27日から、東三河5市の加盟店40店舗で8回目を迎えるスタンプラリーを始める。新規の7店舗が入り、同会は「新たなお店を巡る楽しみもあります」と多くの参加を期待している。  来年3月31日まで実施。モーニング利用で店ごとにスタンプ1個を押し、スタンプの数に応じてコーヒー券をプレゼントする。今回も全店制覇賞をはじめ、30店、20店の達成賞、5市の加盟店2店ずつ巡る東三河賞を用意する。全店制覇には、コーヒー券4枚と認定書を贈る。  店舗とモーニングを紹介したパンフレットは1万5000部作製。加盟店のほか、新城、田原両市の道の駅や、豊橋駅の「とよはし情報プラザ」などで配布する。加盟店の情報は、研究会ホームページでも分かり「モーニング街道」で検索する。  前回のスタンプラリーは38店舗で行われ、各賞達成者は豊橋、豊川、新城など計318人。このうち73人が全店制覇で、全店を3巡した夫婦1組もいる。  ラリーを巡った年配者からは「夫婦の会話のきっかけになっている」「体を悪くして家にこもりがちだったが、外出するようになった」などの声も寄せられている。  スタンプラリーによって、売上が3~4%伸びた店舗があり、各賞達成者の中には静岡県内の人も増加、モーニングの知名度アップになっている。パンフレットが店舗のPRにも役立っているという。  売上やモーニングの知名度に効果が出ている一方、ラリーの各賞達成者数が伸び悩んでいる面もあり、研究会では一層のPRを展開。中村会長は「夫婦、家族、友人同士など、みんなで回ってもらえれば」と呼び掛けている。

関連記事

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット 音更

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

地サイダー9種発売 天然着色料で味も刷新 十勝

 十勝地サイダー研究会(林秀康会長)は5月1日から、全9種のサイダーを販売する。今年度は各サイダーに天然着色料を使い、以前より淡い色と優しい味にリニューアルした。  十勝地サイダーは各町の特...

イセエビ汁など人気 名瀬漁協でお魚まつり 群島水産青年協

 奄美群島水産青年協議会(岩橋弘明会長)主催の「新鮮なお魚まつり」が21日、鹿児島県奄美市の名瀬漁協であった。奄美近海で水揚げされた魚介類や水産加工品が格安で販売され、多くの買い物客でにぎわった...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク