全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

現代の刀工が鍛えた新作など紹介

 現代の刀工が鍛えた新作の刀などを紹介する「現代刀職展―今に伝わるいにしえの技」が24日、鶴岡市の致道博物館で始まった。初日は刀剣博物館学芸員で日本美術刀剣保存協会たたら伝統文化推進課長の黒滝哲哉さんが講演した。

 現代刀職展は、一年の成果を競い発表する場として日本美術刀剣保存協会が主催していた「新作名刀展」と刀剣を研磨する研師および外装を制作する刀職者のための「刀剣研磨・外装技術発表会」を合わせて今年からスタート。致道博物館では2009年から毎年開催している。

 ▽作刀▽研磨▽刀身彫▽彫金▽白銀―など11部門に56点を展示。作刀の部で高松宮記念賞を受賞した太刀をはじめ、県在住の無鑑査刀匠・上林恒平さんの作品など現代の職人による美しい作品が並び、訪れた刀剣ファンを魅了している。

 初日の講演で黒滝さんは現代刀職展の歴史や刀職者の日常、今後の課題などを説明。「現代刀の魅力は作者の存在が見える作品であること。日本文化の一端が日々更新されることを感じ、そこに携わる職人の深遠さを味わうことができる分野」と話し、「現代刀と職人の魅力を伝えることが今後の課題。魅力ある世界を多くの人に理解してもらいたい」と呼び掛けた。

 展示は11月15日(木)まで。会期中の日曜日は刀匠・上林恒平さんが制作実演を、11月11日(日)午後2時からは酒井忠久館長の刀剣鑑賞講座を行う。また、特別企画として期間中、御隠殿で刀剣「復元 三日月宗近」を展示する。

高松宮記念賞を受賞した太刀をはじめ現代の刀職者による力作が並ぶ

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク