全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

赤み弱いが甘さ評判 県開発のイチゴを栽培

ハウス内で「ゆづき」の手入れをする田野三紀子さん(みなべ町西本庄で)

 和歌山県みなべ町西本庄の農家、田野弘文さん(42)と妻の三紀子さん(43)は、県農業試験場が開発したものの、赤みが弱く果肉も柔らかいなどの理由で普及していないイチゴを大切に育てている。品種名は「和C19」。田野さんは県の了解も得て「ゆづき」という名前で販売している。生産量は少ないが、甘いとファンが増えているという。

 県農業試験場が開発し、2011年に品種登録された。県は同時期に開発した果皮や果肉の赤みが強く、市場に好まれる「まりひめ」の普及に力を入れているが、それに比べて白っぽいという「和C19」の普及は進めていない。「和C19」を栽培するのは県内でも田野さんの他、紀北で1軒くらいではないかという。  ただ、試験場の担当者も「果肉が柔らかく傷みやすいので輸送性も劣るが、果肉はジューシーでおいしいと思う」と評価する。  三紀子さんは、品種登録される前、試験場から試しに「和C19」と「まりひめ」を作ってみてといわれて育てた際、「和C19」の方がおいしいと思った。子どもも同じ感想だったという。「総合的には『まりひめ』かなと思うが、感覚的に味や甘さはどのイチゴよりも勝っている気がする」という。最初は4株から自家用として育て始め、少しずつ苗を増やし、梅栽培と並行し、今は約4アールで栽培している。  田辺市上秋津の農産物直売所「きてら」で販売しており、長女の小学3年生、結月さんの名前にちなみ「ゆづき」と名付けている。「このイチゴに砂糖や練乳は要らない」という人もいるなど甘さが好評。年々人気が出て、待ってくれている人もいるという。  三紀子さんは「子育てより難しかった」と冗談交じりに話すが、愛情をかけて育てており「そのまま食べても甘く、子どもからお年寄りまで食べてもらえる。生産が追い付かないのが悩みだが、欲しいと言ってくれる人がいてうれしい。作りがいがある」と話す。

関連記事

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

十勝産トウモロコシと生クリームのスープ 明治が販売

 明治(東京)は、十勝産のトウモロコシと生クリームを使った新商品「十勝産黄金のとうもろこしと生クリームで仕立てたコーンスープ」の販売を始めた。明治グループの日本罐詰(芽室)が製造、全国のスーパー...

戦争、テロなき世界を 国際平和の日で鐘打式

 「国際平和の日」の21日午後、新栄公園で平和祈念鐘打式(世界平和の鐘の会沖縄県支部主催)が行われ、参加者約20人が戦争やテロのない世界の実現を祈った。  式典は午後0時に始まり、参加者全員で1分...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク