全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋で名産「次郎柿」収穫

 豊橋市で生産量全国一の次郎柿の出荷が、最盛期を迎えている。  賀茂町の生産者坂田至さん(55)の柿畑では、朝からたわわに実った「次郎」の収穫を行っている。坂田さんによると、今年は強い日差しや台風の影響はあるものの、実は大振りで甘みもしっかりしているという。  全国生産の約7割を占める豊橋の次郎柿は、四角張って平らな形で、やや硬めでシャキシャキとした歯ごたえとコクのある甘さが特徴。JA豊橋柿部会では今シーズン、約23万ケース(約2300㌧)の出荷を見込んでいる。  同農協第六事業所の村田英重さんの話では、台風や長雨で大きな被害を受けた昨年とは違い、例年より多少少なめだが甘みも乗っていい出来だという。  来月上旬にかけて、石巻本町のJA豊橋総合集出荷場は選果や出荷作業で大忙しとなる。

関連記事

紀伊民報社

養殖魚の冷凍茶漬け

 近畿大学発のベンチャー企業「アーマリン近大」(和歌山県白浜町)は、養殖魚3種類(マダイ、シマアジ、クエ)を使用した「切り身まるごと 近大おさかな茶漬け」=写真=の販売をホームページで始めた。 ...

長野日報社

辰野町の「地酒」を再構築 20代若手が酒造り

長野県辰野町の地域おこし協力隊と食の革命プロジェクト運営協議会が、地場産の商品を再構築する「リブランディングプロジェクト」を始めた。町内事業所と連携して、消費者を絞ったコンセプト設定やPR手段...

本格揚げピザ味わって 幕別忠類白銀台スキー場

 幕別町忠類の町営白銀台スキー場のレストランに新メニュー「ピッツァフリット」(揚げピザ)が登場した。レストランを運営する大樹農社湖水地方牧場(白井隆代表)が製造する水牛のチーズを使った“イタリアの味...

観光振興へ共同開発 音更・池田の特産生かし「ギョーザ」

 ギョーザで観光振興を-。音更、池田両町の観光団体などでつくる「音更町・池田町広域連携観光推進協議会」(会長・傳法伸也音更町経済部長)は、両町の特産品を使ったギョーザの共同開発に乗り出した。試作品...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク