全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

シカの食害でピンチ 絶滅危惧種オオママコナ

オオママコナの花を撮影する福永裕一さん(古座川町で)

 和歌山県古座川町内にあるオオママコナ(ハマウツボ科)の自生地がシカの食害で荒らされている。同町と串本町でしか確認されていない固有種で、県の絶滅危惧1類。植物園芸研究家の福永裕一さん(42)=徳島市=は「全国各地の例を見ても、シカの食害は一気に広がる。自生地を網で囲むなど早く対策を取ってほしい」と訴えている。

 オオママコナは古座川町に住む谷幸子さん(70)が1990年に発見し、92年に新種と発表された。大きいものは高さ70センチほどになり、9~11月ごろに淡紅紫色の筒状の花を咲かせる。  同種は、ウバメガシの林でしか生育しない半寄生植物。花は長さが約4センチで筒状になっているため、飛びながら口吻(こうふん)をストローのように伸ばして蜜を吸うホウジャクというガの仲間がいないと受粉できない。福永さんは「独自の進化をとげた学術的にも重要な植物」と説明する。  谷さんによると、発見当初、自生地は一面にオオママコナの花が広がっていたが、近年はシカの食害で半分以下の面積になっているという。  福永さんは「今のところ、全国でここでしか見られない花。この花だけでも十分、観光資源になると思う」と話している。

関連記事

長野日報社

ボルタリングの壁完成 駒ケ根高原

 駒ケ根市が駒ケ根高原の森と水のアウトドア体験広場で進めていたクライミングウオールの改修が終わり、新たにボルダリング用の壁が完成した。市は30日午前9時30分からリニューアル記念イベントを開き...

川口さんが技能グランプリ建具で厚労大臣賞

 年齢を問わず全国の一級技能士らが技を競い合う天皇陛下御在位三十年記念「第30回技能グランプリ」(厚生労働省、中央職業能力開発協会など主催)の建具で、田原市田原町の川口木工所代表・川口博敬さん(42)...

荘内日報社

親子連れら掘削現場見学 日沿道「朝日温海道路」の大岩川トンネル

 日本海沿岸東北自動車道(日沿道)の「朝日温海道路」で、掘削工事が進む大岩川トンネル(仮称、延長1016㍍)の工事見学会が24日、鶴岡市大岩川地内の現地で行われた。庄内各地から親子連れらが参加し、日沿道...

紀伊民報社

マグロ大物386キロ

 日本有数の生マグロの水揚げ量で知られる和歌山県那智勝浦町の勝浦漁港に25日、重さ386キロ(全長262センチ)のクロマグロが水揚げされた。21日に水揚げされた308キロ(同236センチ)を超え...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク